イベント

【イベント】天文台toビブリオバトル(8/13・群馬)

2020年8月13日、群馬県立図書館とぐんま天文台により、群馬県立図書館で「天文台toビブリオバトル」が開催されます。

同館職員とぐんま天文台職員による、「宇宙」をテーマとしたビブリオバトルであり、観戦者を募集しています。

小学校高学年以上を対象とし、定員は先着順20名で、参加費は無料です。

なお、新型コロナウイルス感染症対策として、観戦者には事前の検温とマスクの着用への協力、体調不良時には参加を避けること等を求めています。

E2276 - 新しい公共空間を考える:オンラインフォーラムの試行と展望

県立長野図書館は2015年から5年間にわたって取り組んできた改革事業(CA1916参照)の集大成として,共知・共創をコンセプトとした「信州・学び創造ラボ」(以下「ラボ」;E2164参照)の設計と運営に乗り出した。さらに,2020年4月25日にはラボのオープン一周年記念事業として,これからの図書館や公共空間とは何かをあらためて問い直すオンラインフォーラム「こっそりごっそりとしょかんをかえよう-公共空間としての図書館をデザインする-」を企画した。これまで当館のフォーラムやワークショップに関わってきた人々(三浦丈典氏,李明喜氏,瀧内貫氏)と,前館長の平賀研也氏による対談イベントである。

【イベント】地域連携イベント「学術野営2020 in 奥州市」(7/11-12・オンライン)

2020年7月11日から12日にかけて、国立歴史民俗博物館「総合資料学の創成」事業と合同会社AMANEの主催により、「学術野営2020 in 奥州市」がGoogle Meetを利用したオンライン形式で開催されます。

「学術野営」は、地域資料の保存・伝承・利活用に関わる専門家が交流し、その物理的な継承・情報公開及び共有・社会での利活用等に関する、多面的・学際的議論を展開する集会です。「学術野営2020 in 奥州市」では、地域資料をめぐる事例として、同館が地域資料継承支援に関する覚書を締結した岩手県奥州市の状況に焦点をあてるとともに、地震などの大規模自然災害(有時)および過疎化・人口減少(平時)双方を原因とした資料消失について、その現状や対策を一体的に議論することが試みられます。さらに、新型コロナウイルスの世界的な流行による地域資料継承への影響や今後の展望についても、参加者全員で検討することが予定されており、7月11日には発表やセッション(座)で様々な話題提供と議論が行われます。翌12日には、えさし郷土文化館・奥州市牛の博物館・後藤新平記念館の奥州市に所在する3館を対象に、人の移動が制限(自粛)されている状況下での博物館施設の展示解説の手法を実験する「オンライン巡検」が行われます。

【イベント】Japan Open Science Summit Cyber Week(7/27-31・オンライン)

2020年7月27日から7月31日にかけて、Japan Open Science Summit Cyber Week(JOSS Cyber Week)が開催されます。

同イベントは、2020年6月に開催予定であったJOSS2020が新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止となったことを受け、代替イベントとして実施されます。Web形式で開催される各セッションの内容は以下の通りです。

・【あなたも参加!】オープンコラボレーションの世界
オープンコラボレーションの実例として、「GALAXY CRUISE」と「みんなで翻刻」の体験。

・オープンサイエンスにおけるコミュニティ・情報・空間を考える
オープンサイエンスにおけるコミュニティ形成を切り口としたパネルディスカッション。

・【研究を加速!】未来社会をつくる実証実験
先端研究を開かれた場で進めることが、どのように未来社会を形成する研究を加速し得るのかについて議論を行う。

参加希望者は、セッションごとの参加登録URLから個別に登録が必要です。

J-STAGE20周年記念シンポジウム「学術コミュニケーションの展望」の報告書が公開される

2020年6月25日、科学技術振興機構(JST)が提供する電子ジャーナルプラットフォームJ-STAGEは、J-STAGE20周年記念シンポジウム「学術コミュニケーションの展望」の報告書公開を発表しました。

同報告書では、2020年2月13日に開催された同シンポジウムの概要を掲載しています。当日の主なプログラムは以下のとおりでした。

〇招待講演
“Scholarly Communication: Complexity, Conflict, and Change”
Rick Anderson氏(ユタ大学 J. ウィラード・マリオット図書館)

〇Session 1
・基調講演 “( 日本における ) オンライン学術定期刊行物の将来と J-STAGE の役割”
土屋俊氏(独立行政法人大学改革支援・学位授与機構)
・講演 “J-STAGE 20 年間の歩みとこれから”
小賀坂康志氏(国立研究開発法人科学技術振興機構)

文化遺産国際協力コンソーシアム、シンポジウム「文化遺産の意図的な破壊―人はなぜ本を焼くのか―」の報告書を公開

2020年6月19日、文化遺産国際協力コンソーシアムは、2019年度刊行物を同コンソーシアムのウェブサイト上にアップロードしたことを発表しました。その中には、2019年12月1日に開催されたシンポジウム「文化遺産の意図的な破壊―人はなぜ本を焼くのか―」の報告書も含まれています。

各講演やパネルディスカッションの内容を掲載しているほか、資料編として、「文化遺産の意図的破壊に関するユネスコ宣言」「災害リスク削減に向けた図書館関連活動及び紛争・危機・自然災害時の図書館関連活動に対する IFLA の関与の原則」の日本語訳が収録されています。

刊行物をアップしました(文化遺産国際協力コンソーシアム, 2020/6/19)
https://www.jcic-heritage.jp/jcicheritageinformation20200619/

【イベント】日本学術会議公開シンポジウム「学術研究と科学技術基本法―その科学史技術史的検討」(7/26・オンライン)

2020年7月26日、日本学術会議史学委員会の科学・技術の歴史的理論的社会的検討分科会の主催により、日本学術会議公開シンポジウム「学術研究と科学技術基本法―その科学史技術史的検討」が開催されます。

同シンポジウムはビデオ会議サービスZoomを利用したオンライン方式で開催されます。科学技術基本法の法制化から25年が経過し、第6期科学技術基本計画の決定に先駆けて、同法に「科学技術の振興」に加えて「イノベーション創出」を明示する、また「人文科学のみに係るものを除く」とする規定を削除するなどの「改正」が、今次国会で審議される情勢を背景に、科学・技術政策と「学術研究」との相関、「学術研究」固有の意義、また「学術研究」がこれまでたどってきた道筋をふりかえりつつ、学術研究体制の今後のあり方について科学史技術史の側から多面的に検討する機会として企画されています。

参加費は無料ですが、2020年7月24日の17時までに電子メールで参加申し込みする必要があります。主なプログラムは以下のとおりです。

・開催にあたって
 佐野正博氏(日本学術会議第一部会員、明治大学経営学部教授)

・学術にとってのイノベーションとは何か―基本法「改正」の論点との関連で
 兵藤友博氏(日本学術会議連携会員、立命館大学名誉教授)

E2262 - シンポジウム「社会に魅せる研究力」を測る<報告>

2020年2月13日に,国立国語研究所IRシンポジウム「社会に魅せる研究力を測る-論文では見えてこない社会に貢献する研究を評価する指標-」が国立国語研究所(東京都立川市)にて開催された。

【イベント】国立情報学研究所「学術情報基盤オープンフォーラム2020」(6/8-10・オンライン)、「オープンハウス2020」(6/12-13・オンライン)

2020年6月8日から10日まで、国立情報学研究所(NII)による「学術情報基盤オープンフォーラム2020」がオンライン開催により実施されます。

同フォーラムは、SINET5において実現する大学・研究機関における教育研究環境について、具体的なイメージを関係者と共有し、利用者とともに発展させることを目的として開催されます。「CAT2020」「次期JAIRO Cloud」などを扱うコンテンツトラック、「学認LMS」「グリーンOA」「研究データ管理・活用に関する基盤サービス」「学術機関における研究データ管理フレームワーク」などを扱うOS(オープンサイエンス)トラックなど、VPNから監査まで含む広義の意味を含むセキュリティ、アカデミッククラウドを包含したクラウド環境提供、学術コンテンツ流通基盤に関するテーマを取り扱った意見交換の場などが設けられています。

また、フォーラムに続き、6月12日から13日まで、同じくオンライン開催により「オープンハウス2020」が開催されます。基調講演やバーチャル上でのポスターセッション、ポスターセッションに出展している研究者からリアルタイムで解説を聞くことができるラウンジなどの企画が実施されます。

【イベント】2020年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会(6/27-28・オンライン)

2020年6月27日・28日、アート・ドキュメンテーション学会(JADS)の主催により、2020年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会がオンライン開催で行われます。

2日目の会員限定の学会総会を除いて、会員・非会員を問わず誰でも参加可能です。参加費・資料代は会員・非会員ともに無料です。また紙媒体の予稿集は発行されません。参加には事前の申し込みが必要で、定員は200人です。定員に達した場合は会員が優先となります。

1日目は、「芸術文化資源デジタル・アーカイブの国際的共同利用―オンライン環境での知的生産システムとそのツール―」をテーマとしたシンポジウム等が開催されます。シンポジウムの内容は以下の通りです。

・開会挨拶 細井浩一氏(立命館大学アート・リサーチセンター・センター長)

・シンポジウム趣旨説明 赤間亮氏(アート・ドキュメンテーション学会・会長)

・講演1
 丸川雄三氏(国立民族学博物館)

・講演2
 内田剛史氏(早稲田システム開発株式会社)
 
・講演3
 津田光弘氏(立命館大学アート・リサーチセンター)

・パネル討議・参加者全体討議 

ページ