図書館政策

鹿児島市、「鹿児島市立まちなか図書館(仮称)基本計画(素案)」を公表:パブリックコメントを実施中

2019年8月21日、鹿児島市は、「鹿児島市立まちなか図書館(仮称)基本計画(素案)」を公表しました。公表にあわせ、同日から2019年9月20日まで、鹿児島市内に「住所を有する方」「事務所又は事業所を有する方」「勤務・通学する方」を対象としたパブリックコメントを実施しています。

鹿児島市では、同市の天文館地区に整備予定の再開発ビル内に、商業施設と一体となった公共空間(図書館は市所有、子どもの遊び場・カフェは民間所有)を官民が連携して創出する方針を決定しており、今回の基本計画案はその方針を受けて策定されたものです。

基本計画案は「1 はじめに(目的)」「2 基本コンセプト」「3 基本方針」「4 サービス計画」「5 蔵書計画」「6 空間計画」「7 管理運営計画」「8 再開発ビル内の官民連携」「9 整備スケジュール」からなり、整備スケジュールによれば2022年の供用開始予定となっています。

【イベント】未来の図書館を描くシンポジウム~(仮称)新図書館計画の策定に向けて~(9/7・千葉)

2019年9月7日、千葉市生涯学習センター(千葉市中央区)において、千葉市中央図書館が主催するシンポジウム「未来の図書館を描くシンポジウム~(仮称)新図書館計画の策定に向けて~」が開催されます。

千葉市図書館では、将来の社会構造の変化を見据えた新たな図書館モデルへの転換を図るため、2019年度、(仮称)新図書館計画の策定に向けた準備を進めており、各方面から幅広く意見を聴取することを目的としてシンポジウムを開催するものです。

参加費は無料であり、定員は270名(申し込み要、多数の場合は抽選)です。申し込み方法は電子メールまたはFAXとなっており、申し込み期間は2019年8月24日までです。

当日のプログラムは次のとおりです。

〇第1部:基調講演
テーマ「現代の情報環境と図書館の役割」
講師:
茂木健一郎氏(脳科学者/ソニーコンピューターサイエンス研究所上級研究員)

韓国・文化体育観光部・韓国図書館協会(KLA)・全国国公立大学人文学部長協議会、2019年8月から11月にかけて、全国9つの図書館で「図書館知恵の学校」を試行

韓国・文化体育観光部・韓国図書館協会(KLA)・全国国公立大学人文学部長協議会が連携し、全国9つの図書館で「図書館知恵の学校」を、2019年8月から11月にかけて試行すると発表されています。

人文学の普及を目指す「図書館道の上の人文学」事業を深化させるために実施するもので、「主体的に省察する人生の人文学」「生活を変える実践の人文学」「ともに生きる共生の人文学」を目標に、人生の価値と意味を人文学的に省察することを通して深め、再構成し、共同体的な人生の知恵に昇華する賢明な市民を増やすことが目的です。

また、図書館という文化施設を活用して、高学歴の退職者の人文学へのニーズを満たし、人文学を専攻する人材の専門知識を社会的に活用し、需要・供給の面で好循環をもたらすことも期待されています。

購読・討論・研究会・個人指導・課題への取組といった全12回のプログラムで、以下の通り各地の大学と図書館が連携して行なわれます。

(ソウル特別市)ソウル大学校
・韓国国立中央図書館「ライティングで学ぶ人生の知恵」
・麻浦中央図書館「共存の知恵」
・江南図書館「歴史のなかの人生の知恵:『史記』を通してみる人間像」
・広津情報図書館「西洋古典で学ぶ人生の知恵」

神奈川県大和市と岐阜県岐阜市が「図書館の連携・協力に関する同盟」を締結

2019年7月19日、神奈川県大和市は、岐阜県岐阜市と「図書館の連携・協力に関する同盟」を同日に締結したことを発表しています。

同盟の目的として、大和市文化創造拠点シリウス(大和市)、みんなの森ぎふメディアコスモス(岐阜市)という、図書館を中心とした複合施設を展開する自治体同士で、お互いに連携・協力を行うことを挙げています。

岐阜市の図書館に対する考え方、先駆的な取り組みに感銘を受けた大和市から同盟創設を打診したものとあり、今後、お互いが有するノウハウやアイデアの共有等を通じ、連携を図るとしています。

2019年 市内のニュース(大和市)
http://www.city.yamato.lg.jp/web/news/index2019.html
※2019年7月19日付けのニュースに「“図書館”でつながる志 大和市と岐阜市が図書館同盟を締結」とあります。

神奈川県、「神奈川県文化財保存活用大綱(素案)」に関する意見を募集

神奈川県が、「神奈川県文化財保存活用大綱(素案)」に関する意見の募集を開始しました。募集期間は2019年7月10日から8月8日までです。

2018年6月に文化財保護法が改正され、都道府県は、文化財の保存及び活用に関する総合的な施策の大綱を策定できるとされたことから、その素案を策定したものです。

「4 県内の文化財の保存・活用に関する方針」において、「県立公文書館や県立図書館では、歴史的に重要な公文書その他の資料を収集・保存している。これらの資料については、未指定のものであっても、将来的に文化財としての価値が見出されることも考えられる」とされているほか、「別添資料6 本県における文化財の保存・活用に関わる部局等」に、神奈川県立図書館があげられています。

(意見募集中の案件)「神奈川県文化財保存活用大綱(素案)」に関する意見の募集について(神奈川県,2019/7/10)
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/ar3/pub/c4272865.html

図書館友の会全国連絡会、「公立図書館の振興・発展に関する政策」についての公開質問状を8政党に送付

図書館友の会全国連絡会が、国会に議席を有する8政党に対し、2019年7月1日付けで「公立図書館の振興・発展に関する政策」についての公開質問状を送付したことを発表しています。

参議院選挙にあたって、(1)公立図書館の振興・発展に関する政策、(2)政策の中で特に「公立図書館の管理運営」についての2点をたずねるものとなっており、到着した分から回答が公開されています。

【2019/7/1】「公立図書館の振興・発展に関する政策」についての公開質問状(とともれん活動報告,2019/7/1)
http://totomoren.net/blog/?p=911

各政党への公開質問状・回答一覧(2019.7参議院選挙)(とともれん活動報告)
http://totomoren.net/blog/?p=916

【イベント】信州発・これからの図書館フォーラム・都道府県立図書館サミット2019(8/25・長野)

2019年8月25日、県立長野図書館で、都道府県立図書館サミット2019実行委員会が主催する信州発・これからの図書館フォーラム・都道府県立図書館サミット2019「都道府県と基礎自治体の関係-『協力』のスタンダードを築く」が開催されます。

2016年の初開催以来、3年ぶりとなる開催です。参加は都道府県立図書館関係者を主とした招待制ですが、最終的な残席枠は事前申込みを行った方に割り当てられます。なお、割り当ては先着順ではなく、本サミットの趣旨に照らして選考を行うため、申込=参加確定ではないとあります。

主なプログラムは以下のとおりです。

〇基調講演「秋田県立図書館の支援・協力とはなにか」
話者:山崎博樹氏(元・秋田県立図書館副館長)

〇セッション#1 論点整理「秋田県からまなべること」
進行:福島幸宏氏(東京大学 情報学環)

〇セッション#2 キーノートクロストーク「なぜ、いま都道府県立図書館サミットか」
話者:平賀研也氏(県立長野図書館長、共同実行委員長)、岡本真氏(アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)代表取締役、共同実行委員長)

韓国国会図書館(NAL)、「知識情報SOC戦略」を宣言

韓国国会図書館(NAL)が、2019年6月26日に、「知識情報SOC戦略」を宣言すると発表しています。

5月24日に開催された「韓国学術情報協議会」において、同協議会の会長でもある韓国国会図書館長が基調講演において明らかにしたもので、第4次産業革命という時代の変化の中で、国会図書館のすべての資産の、共有(Share)・開放(Open)・図書館協力(Connect)を拡大することで、変化を先導するという構想です。

基調講演において、同館長は、今年の同館の3大目標として、第4次産業革命時代の成長の原動力であるデジタルデータの拡大、データサービスと物理的空間といった図書館資産の開放と共有、図書館間の協力ネットワークの拡大をあげています。そして、国会図書館は、所蔵するすべてのデータを、韓国の図書館・研究機関・大学・企業が共有できるよう、国家的データ資産として積極的に開放すると述べています。

また、韓国学術情報協議会・韓国法律情報協議会・韓国議政情報協議会など全国的な協力ネットワークを通じ、急激な変化に対応するための協力を拡大するとしています。

E2145 - 民主主義の宝庫:スウェーデンの図書館戦略に関する提案

2019年3月7日付けのニュースによると,スウェーデン国立図書館(KB)は,同国政府に提案書「民主主義の宝庫―国の図書館戦略に関する提案」を提出した。この提案書は,2015年に政府がKBを指名して作成を委託していたものである。

千葉県、「新千葉県立図書館等複合施設基本計画(原案)」に係る意見募集を実施

2019年6月11日、千葉県は、「新千葉県立図書館等複合施設基本計画(原案)」を策定し、同案に対する意見募集を行うと発表しました。

同県が2018年1月に策定した「千葉県立図書館基本構想」において、現在の県立図書館3館体制を1館に機能集約し、知識基盤社会における「知の拠点」となる新たな県立図書館を整備するとともに、類似施設との複合化の可能性を検討することとしたことから、今回、同構想を具体化するために、文書館との複合施設とする「新千葉県立図書館等複合施設基本計画(原案)」を策定し、同案への意見を募集するものです。

募集期間は6月12日から7月2日までです。

新千葉県立図書館等複合施設基本計画(原案)の策定及び意見募集について(千葉県,2019/6/11)
https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/shougaku/iken/2019/toshokeikaku.html

ページ