災害

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)、「大阪北部地震 資料保存利用機関等被災状況」を公表

2018年6月21日、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)が、6月18日に大阪府北部で発生した地震を受け、「大阪北部地震 資料保存利用機関等被災状況」を公表しました。

6月21日段階での、資料保存機関等の被災状況が表でまとめられています。

全史料協 新着情報
http://www.jsai.jp/
※2018.6.21欄に「速報 大阪北部地震 資料保存機関等被災状況」とあります。

大阪北部地震 資料保存利用機関等被災状況 [PDF:2ページ]
http://jsai.jp/ibbs/b20180621.pdf

米国国立医学図書館(NLM)、災害時医療・公衆衛生に関するデータベース“Disaster Lit”を公開

2018年6月19日、米国国立医学図書館(NLM)が、データベース“Disaster Lit”の公開を発表しています。

“Disaster Lit”は、災害時の医療や公衆衛生に関する情報を提供することでPubMedを補完する事を目的に構築されたもので、政府機関・NPO・大学などが作成した無料で利用可能な1万4,000点の報告書・ガイドライン・ウェブサイト等へのリンク情報が搭載されています。

あわせて、NLMの災害情報管理研究センター(DIMRC)のウェブサイトもリニューアルされています。

New Website Design for the NLM Disaster Information Management Research Center (NLM,2018/6/19)
https://www.nlm.nih.gov/news/New_Website_Design_for_NLM_DIMRC.html

日本出版取次協会、2018年6月18日に大阪府北部で発生した地震の被災地域の書店の状況を公開

一般社団法人日本出版取次協会が、2018年6月18日に大阪府北部で発生した地震で被災した地域の書店の状況の一覧(地区、書店名、被災状況、営業状況)を公開しています。

株式会社トーハン、日本出版販売株式会社、株式会社大阪屋栗田、株式会社中央社、協和出版株式会社からの情報を集約したもので、2018年6月21日現在、最新版は6月20日付です。

平成30年(2018年)大阪府北部地震(日本出版取次協会)
http://www.torikyo.jp/h30osaka/index.html

「平成30年(2018年)大阪府北部地震」 書店被災状況 [PDF:1ページ]
http://www.torikyo.jp/h30osaka/20180620.php

日本図書館協会(JLA)、大阪府北部で発生した地震で震度5強の揺れのあった大阪府・京都府内の公共図書館に関する情報を掲載

2018年6月20日、日本図書館協会(JLA)が、2018年6月18日に大阪府北部で発生した地震で震度5強の揺れのあった大阪府・京都府内の公共図書館の開館状況・被害状況等に関する情報を掲載しました。

JLAによる電話照会、近隣図書館からの情報提供、インターネット情報により情報を収集したもので、図書館の被害情報などの提供を呼びかけています。

大阪北部地震について (JLA,2018/6/20)
http://www.jla.or.jp/home/news_list/tabid/83/Default.aspx?itemid=4056

参考:
2018年6月18日に大阪府北部で発生した地震による図書館への影響(3)
Posted 2018年6月19日
http://current.ndl.go.jp/node/36184

2018年6月18日に大阪府北部で発生した地震による博物館等への影響(2)

2018年6月18日午前7時58分頃に発生した大阪府北部の地震による影響について、大阪府・京都府・兵庫県内の博物館等の6月20日現在の状況をまとめました。

・開館している館

青少年交流施設等の開館状況について(高槻市, 2018/6/19)
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kinkyusaigai/1529412288044.html
※「自然博物館(あくあぴあ芥川) 6月20日(水)から通常どおり開館いたします。」とあります。

吹田市立博物館
http://www2.suita.ed.jp/hak/
※「6月20日(水)より通常どおり開館いたします。 6月19日」とあります。

西日本自然史系博物館ネットワーク、大阪府北部を震源とする地震による自然史系博物館の被害情報を発表、情報及び相談を受け付け

2018年6月18日、西日本自然史系博物館ネットワークが、同日の大阪府北部を震源とする地震による自然史系博物館の被害情報を発表しています。

あわせて、被害等についての情報や相談を受け付けています。

2018年6月18日の大阪府北部を震源とする地震について(西日本自然史系博物館ネットワーク, 2018/6/18)
http://www.naturemuseum.net/blog/2018/06/2018618.html

参考:
文化財防災ネットワーク、大阪府北部を震源とする地震に関連する文化財被災情報を収集中
Posted 2018年6月20日
http://current.ndl.go.jp/node/36192

国立研究開発法人防災科学技術研究所(NIED)、「平成30年(2018年)大阪府北部を震源とする地震 クライシスレスポンスサイト」を公開

2018年6月18日、国立研究開発法人防災科学技術研究所(NIED)が、被災地における災害対応支援を目的に、同研究所が運用する府省庁防災情報共有システム(SIP4D)に収集された情報を目的別に集約・公開する「平成30年(2018年)大阪府北部を震源とする地震 クライシスレスポンスサイト」を公開しました。

災害情報(NIED)
http://www.bosai.go.jp/saigai/2018/
※2018年6月18日欄に「平成30年(2018年)大阪府北部を震源とする地震 クライシスレスポンスサイトを公開しました」とあります。

平成30年(2018年) 大阪府北部を震源とする地震 クライシスレスポンスサイト
http://crs.bosai.go.jp/DynamicCRS/index.html?appid=7f61007cafa949708cd5471bc6c52188

2018年6月18日に大阪府北部で発生した地震による図書館への影響(3)

2018年6月18日午前7時58分頃に発生した大阪府北部の地震による影響について、大阪府・京都府・兵庫県内の図書館の6月19日現在の状況をまとめました。依然として臨時休館中の館があり、開館していても利用上の制約等のある館も見られます。

・開館している図書館

関西館は通常どおり開館いたします(国立国会図書館, 2018/6/19)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2018/180619_01.html

災害警戒本部の解散について(四条畷市)
http://www.city.shijonawate.lg.jp/juyonaosirase/1529366153041.html#a4
※「社会教育施設についても再開いたします。」とあります。

南丹市(京都府)、同市の公衆無線LANサービス「Nantan Free Wi-Fi」の災害時用ネットワークを開放

2018年6月18日、南丹市(京都府)が、同市の公衆無線LANサービス「Nantan Free Wi-Fi」について、地震により災害時用のネットワークを開放したと発表しています。これにより、同市の中央図書館、文化博物館等47拠点で、無認証、接続回数制限なしで本サービスを利用することができます。

ケーブルテレビ・インターネット(南丹市)
http://www.city.nantan.kyoto.jp/www/kurashi/101/006/011/index.html
※「平成30年6月18日 【南丹市公衆無線LAN】災害時用無線LANをご利用ください」とあります。

【南丹市公衆無線LAN】災害時用無線LANをご利用ください(南丹市)
http://www.city.nantan.kyoto.jp/www/kurashi/101/006/011/index_41413.html

2018年6月18日に大阪府北部で発生した地震による図書館への影響(2)

2018年6月18日午前7時58分頃に発生した大阪府北部を震源とする地震により、大阪府・京都府・奈良県・兵庫県内の図書館のサービスや開館時間等に変更が生じています。
※今後、情報を追加する場合があります。

地震に伴う開館状況について(京都市図書館, 2018/6/18)
https://www2.kyotocitylib.jp/index.php?action=pages_view_main&active_act...

ページ