企画

南相馬市立中央図書館(福島県)、開館10周年事業 「声の森プロジェクト」を実施:図書館へのメッセージや図書館・読書を題材にした文芸作品・美術作品を募集

2019年10月9日、福島県の南相馬市立中央図書館が、開館10周年事業 「声の森プロジェクト」を実施すると発表しています。

12月に同館が開館10周年をむかえるにあたって、図書館での思い出や、出会った本のこと、これからどんな図書館であってほしいかなどを、メッセージカードで募集するもので、寄せられたカードは、12月1日から12月22日まで同館内で展示されます。

あわせて、図書館や読書を題材にした文芸作品や美術作品なども募集し、同じく12月1日から12月22日まで同館内で展示します。

中央図書館開館10周年事業 『声の森プロジェクト』(南相馬市,2019/10/9)
https://www.city.minamisoma.lg.jp/portal/sections/61/6180/61801/1/10222.html

真庭市立中央図書館(岡山県)、地元酒蔵の蔵元による講座「日本酒を識る」を開催:試飲会も実施

岡山県の真庭市立中央図書館が、2019年11月3日、講座「日本酒を識る」を開催します。

同館を会場とした、同地の酒蔵「御前酒辻本店」の七代目蔵元による、酒造り・菌の種類・蔵のこだわりやおススメなど、ものづくり・日本酒文化についての約50分の講座ののち、同館から徒歩2分の御前酒辻本店に移動しての試飲会(甘酒、酒粕キャンディ、仕込水もあり)も行なわれます。

講座受講は無料ですが試飲への参加には500円が必要です。

真庭市立中央図書館でまなぶ、味わう「日本酒を識る」(真庭市立図書館)[PDF:1ページ]
https://lib.city.maniwa.lg.jp/osake11031.pdf

「日本酒を識る」開催のお知らせ(真庭市)
http://www.city.maniwa.lg.jp/webapps/www/event/detail_1.jsp?id=13173

伊賀市上野図書館(三重県)・伊賀鉄道、ハロウィンをテーマに「おはなしでんしゃ2」を運行

三重県の伊賀市上野図書館と伊賀鉄道が、2019年10月27日、ハロウィンをテーマに「おはなしでんしゃ2」を運行します。

2019年3月31日に初運行して以来の2回目の運行で、今回は、同館のおはなしボランティアグループ「よもよも」によるハロウィンをテーマにした絵本の読み聞かせ等を10月11日から31日まで同鉄道・忍者線(伊賀線)で運行される「ハロウィントレイン」の車両の中で行なうものです。

その他、車内には、画用紙等で「かぼちゃおばけ」を工作するスペースも設けられるほか、仮装しての乗車もできます。

運行区間は、14時02分発臨時列車による忍者市(上野市)駅・伊賀神戸駅間1往復です(約1時間)。

対象は、小学生および未就学児とその保護者30組で、参加費用として大人500円・小児(小学生)250円が必要です。 

おはなしでんしゃ2(伊賀市の図書館・図書室,2019/10/3)
https://www.iga-library.jp/?p=6342

デジタルアーカイブの資料で作成するGIFアニメの国際的なコンペティション“GIF IT UP”が開催中:2019年はEuropeanaが主催

Europeanaの2019年9月30日付けのブログ記事で、GIFアニメの国際的なコンペティション“GIF IT UP”の開催と、2019年10月1日から31日にかけて作品の投稿を受け付けていることが紹介されています。

“GIF IT UP”は、Europeana、DPLA、ニュージーランド国立図書館の“DigitalNZ”、オーストラリア国立図書館の“Trove”から利用できるパブリックドメインやオープンライセンスの動画・画像・テキスト等を使用して作成したGIFアニメのコンペティションです。応募作品の中から、優勝、次点(3作品)、people's choice賞等が選ばれ、賞品が授与されます。

“GIF IT UP”のウェブサイトによると、6回目の開催となる2019年は、DPLA、DigitalNZ、Troveとの緊密な協力のもと、Europeanaが主催しています。

周南市立徳山駅前図書館(山口県)、「ラグビーワールドカップ2019™日本大会 パブリックビューイング 日本対サモア」を実施

2019年10月5日、山口県の周南市立徳山駅前図書館が 「ラグビーワールドカップ2019™日本大会 パブリックビューイング 日本対サモア」を実施します。

徳山大学ラグビー部、新南陽高校ラグビー部OB会、KRY山口放送との共催で、地元紙の報道によると、徳山大学ラグビー部選手25人による「ラグビー体験イベント」や、試合中は、選手らによる解説も行なわれるとのことです。

申込は不要で、定員150人です。

ラグビーワールドカップ2019™日本大会 パブリックビューイング 日本対サモア (周南市立徳山駅前図書館)
https://shunan.ekimae-library.jp/ja/event_page/4855

徳山駅前図書館でラグビー日本対サモア戦PV 徳大ラグビー選手による体験も(周南経済新聞,2019/10/5)
https://shunan.keizai.biz/headline/668/

立命館大学図書館、同館の利用に関する内容をテーマとした「図書館川柳」の優秀作品を発表

2019年9月26日、立命館大学図書館は、同館の利用に関する内容をテーマとした「図書館川柳」の優秀作品を発表しました。

同大学の在学生から寄せられた応募作品260点のうち、選定を経た30点の中から、在学生212名による投票により優秀作品が決定されました。

ニュース(立命館大学図書館)
http://www.ritsumei.ac.jp/library/news/
※2019年9月26日のお知らせに「『図書館川柳』優秀作品発表」とあります。

『図書館川柳』優秀作品発表(立命館大学図書館, 2019/9/26)
http://www.ritsumei.ac.jp/library/news/article.html/?news_id=711

琉球大学附属図書館、留学生向け企画「やさしい日本語の図書館クイズ」を開催:クイズ形式のセルフツアー「クイズで巡る図書館の旅」を再構成

2019年10月1日、琉球大学附属図書館は、留学生向けの企画として「やさしい日本語の図書館クイズ」を開催することを発表しました。

同企画は、2019年4月1日から実施しているクイズ形式のセルフツアー「クイズで巡る図書館の旅」を留学生向けに「やさしい日本語」で再構成したものです。

「やさしい 日本語の 図書館 クイズ」始めました(琉球大学附属図書館,2019/10/1)
http://www.lib.u-ryukyu.ac.jp/?p=23332

関連:
クイズで巡る図書館の旅(琉球大学附属図書館・本館)開催のお知らせ(琉球大学附属図書館,2019/4/1)
http://www.lib.u-ryukyu.ac.jp/?p=21420

金沢市立泉野図書館、「歴史ビブリオバトル×シンポジウム」 を開催

石川県の金沢市立泉野図書館が、2019年10月14日、「歴史ビブリオバトル×シンポジウム」を開催します。

歴史書のビブリオバトルを行なった後、ビブリオバトルへの感想を糸口に、近世・近代・現代において、天皇及び元号が私たちの生活とどのような関わりを持ち、どのような変遷をたどってきたのかを3人の専門家がディスカッションするシンポジウム「『平成』から『令和』へ-天皇と地域社会-」が行われます。

参加費は無料ですが、定員128人(先着順)です。

「歴史ビブリオバトル×シンポジウム」 (金沢市)
https://info2.city.kanazawa.ishikawa.jp/www/event/detail/5170

京都府立久美浜高等学校図書館、「一箱Library」のオーナーを募集中

京都府立久美浜高等学校図書館が、「一箱Library」のオーナーを募集しています。

「一箱Library」は、箱1つを図書館と見立て、同館の蔵書の中から自分の好きな本をそこに集める利用者参加型の企画で、館内の大型本書架の上部にある空いている箱を用いて参加することができます。

同企画に用いる箱は、夏の間に校内で出た廃材を活用し同校の技術職員が制作したもので、大小2種類、最多18個の本箱が準備される予定です。

あなたの図書館を創りませんか? 「一箱Library」オーナー募集中(京都府立久美浜高等学校図書館,2019/9/18)
https://www.kyoto-be.ne.jp/kumihama-hs/cms/index.php?key=johi9swg2-434#_434

ページ