企画

ニュースパーク(神奈川県)、緊急企画展「新型コロナと情報とわたしたち」を開催

神奈川県のニュースパーク(日本新聞博物館)が、2020年7月18日から9月27日まで、緊急企画展「新型コロナと情報とわたしたち」を開催します。

同企画展は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う情報の氾濫「インフォデミック」が発生したことを踏まえて、情報リテラシーとメディアの役割を考えるものです。発表によると、新型コロナウイルス感染症に関する報道を振り返る新聞紙面と報道写真、過去に流行した感染症がどのように報じられたかを紹介する当時の新聞紙面、情報との付き合い方を考えるためのジャーナリズムや公衆衛生学等の研究者からのコメント等が展示されます。

緊急企画展「新型コロナと情報とわたしたち」(ニュースパーク)
https://newspark.jp/exhibition/ex000208.html

【イベント】天文台toビブリオバトル(8/13・群馬)

2020年8月13日、群馬県立図書館とぐんま天文台により、群馬県立図書館で「天文台toビブリオバトル」が開催されます。

同館職員とぐんま天文台職員による、「宇宙」をテーマとしたビブリオバトルであり、観戦者を募集しています。

小学校高学年以上を対象とし、定員は先着順20名で、参加費は無料です。

なお、新型コロナウイルス感染症対策として、観戦者には事前の検温とマスクの着用への協力、体調不良時には参加を避けること等を求めています。

【イベント】Japan Open Science Summit Cyber Week(7/27-31・オンライン)

2020年7月27日から7月31日にかけて、Japan Open Science Summit Cyber Week(JOSS Cyber Week)が開催されます。

同イベントは、2020年6月に開催予定であったJOSS2020が新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止となったことを受け、代替イベントとして実施されます。Web形式で開催される各セッションの内容は以下の通りです。

・【あなたも参加!】オープンコラボレーションの世界
オープンコラボレーションの実例として、「GALAXY CRUISE」と「みんなで翻刻」の体験。

・オープンサイエンスにおけるコミュニティ・情報・空間を考える
オープンサイエンスにおけるコミュニティ形成を切り口としたパネルディスカッション。

・【研究を加速!】未来社会をつくる実証実験
先端研究を開かれた場で進めることが、どのように未来社会を形成する研究を加速し得るのかについて議論を行う。

参加希望者は、セッションごとの参加登録URLから個別に登録が必要です。

浦添市立図書館(沖縄県)、2020年7月1日から高校生以下の新規登録者を対象に市制施行50周年および開館35周年を記念した限定デザインの図書館利用カードを発行

2020年6月25日、沖縄県の浦添市立図書館は、2020年7月1日から、市制施行50周年および開館35周年を記念した限定デザインの図書館利用カードを発行することを発表しました。

同館は2019年8月から10月まで、同市内在住・在学の児童・生徒を対象に、市制施行50周年および開館35周年を記念した図書館利用カードのデザインイラストの募集を行いました。同館に関するもの、移動図書館「としょまる」に関するものの2種類のデザインに関する募集が行われ38点の応募がありました。今回発行される図書館利用カードはこの38点から選ばれた2作品のデザインによるものです。

浦添市立図書館の限定デザインの図書館利用カードは、2020年7月1日以降、同館または移動図書館「としょまる」で新規登録する同市内在住・在学の0歳児から高校生までの利用者を対象に発行されます。

【市制施行50周年・図書館開館35周年記念】浦添市立図書館利用カード限定デザインの発行開始!(浦添市立図書館,2020/6/25)
http://library.city.urasoe.lg.jp/docs/2020062500070/

鹿角市立花輪図書館(秋田県)、「よるとしょソーシャルディスタンス 「本」を書こう!」を開催中:同館職員と参加者がリレー方式で「物語をつくる」企画

秋田県の鹿角市立花輪図書館が、2020年6月5日から、「よるとしょソーシャルディスタンス 「本」を書こう!」を開催しています。新型コロナウイルス感染症による新しい生活様式にともない、人の交流や絆が生まれにくくなっているとし、図書館としてできることを考え、行われるイベントです。

同館職員と一緒にリレー方式で「物語をつくる」内容で、物語の「起承転結」の「起」「結」を図書館職員が担当し、参加者は「承」「転」の部分を担当します。

タイトル(2020年 はなわんこの夏やすみ)やあらすじ・登場人物は決められており、1週間で2人から3人ずつリレー形式により書き続けられます。原稿は週1回程度の頻度で、館内と同館のFacebookで掲示・更新されていくほか、鹿角市教育委員会生涯学習課のYouTubeで読み聞かせが公開されます。

完成(全文公開)は9月15日で、作品は手作り冊子とし、執筆参加者のうち希望者へ提供されるほか、図書館資料としても所蔵されます。

武蔵野市立吉祥寺図書館(東京都)、同市立吉祥寺美術館との共同企画として子どもたちに手洗い・マスク着用の大切さを伝える動画「どんくまさんからのおねがい」を公開

2020年6月1日、東京都の武蔵野市立吉祥寺図書館は、武蔵野市立吉祥寺美術館とのコラボレーション企画により、動画「どんくまさんからのおねがい」を公開したことを発表しました。

公開された動画は、2020年3月に中止となった吉祥寺図書館の人形劇で出演予定であった「どんくまさん」が手洗いやマスク着用の大切さを子どもたちに伝える内容です。「どんくまさん」は、絵本画家・柿本幸造氏の『どんくまさん』シリーズ(至光社)に由来するキャラクターです。操演は人形操演師の山田はるか氏が担当しています。

動画は2020年5月31日付で、YouTubeの武蔵野市立吉祥寺美術館公式チャンネルに登録された第1弾の動画として公開されています。

吉祥寺図書館 × 吉祥寺美術館 「どんくまさんからのおねがい」動画を配信します!(吉祥寺図書館,2020/6/1)
https://www.musashino.or.jp/kichijoji/news/kichi-movie-donkuma-20200601/

韓国・国立子ども青少年図書館、映像の企画や編集方法といったYouTubeでの創作活動に関するオンライン講義を実施

韓国・国立子ども青少年図書館が、2020年6月19日と6月26日の両日、YouTubeでの創作活動についての講義を、同館ウェブサイトおよびYouTubeで実施すると発表しています。

同館のメイカースペース「未夢所(未来の夢・希望創作所)」で最も人気のあるプログラムである同講義をオンラインで公開するもので、2回にわたって行われる講義では、Vlog(日常動画)の撮影方法や映像の企画や編集方法といったYouTubeでの創作に関する全般的な内容が扱われます。

도전! ‘나도 미꿈소 유튜버!’ (挑戦!「私も未夢所YouTuber!」)(国立子ども青少年図書館,2020/6/18)
https://www.nlcy.go.kr/bbs/30010/bbsDetail.do?idx=1069173

長崎ウエスレヤン大学図書館、「3密」を回避したビブリオバトルとして「モザイクビブリオバトル」を実施

2020年6月15日、長崎県諫早市の長崎ウエスレヤン大学図書館は「モザイクビブリオバトル」を開催しました。

「モザイクビブリオバトル」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための「3密」回避の観点から、同館カウンターのシールドをバトラーの前に「シールドもどき」として設置して行われたビブリオバトルです。翌16日付の同館ブログ記事では、シールドもどきの前に立ったバトラーが「ひと昔前のワイドショー」さながらの様子となりながら、カジュアルにビブリオバトルが行われたことを報告しています。

@wesleyanacjp(Twitter,2020/6/16)
https://twitter.com/wesleyanacjp/status/1272687376951738368

沖縄県立図書館、「BGMが凄い読書会」を開催

沖縄県立図書館が2020年7月10日・17日の午後5時から午後8時まで、同館4階交流ルームで「BGMが凄い読書会」を開催します。

参加者自らが図書館の本・私物の本を問わず、読みたい本を持参し、席についてBGMを聞きながら読書を楽しむという内容の企画です。両日ともに出入り自由・時間中の会話が可能です。また、参加費は無料で予約不要です。ただし、一度に参加できる人数は最大12人までです。

7月10日の読書会では、「ドラゴンクエストゲーム音源大全集2ゲームオリジナルサウンドストーリー」に収録されたビデオゲーム「ドラゴンクエストⅤ天空の花嫁」のBGMが流れます。7月17日の読書会では、同人サークル「上海アリス幻樂団」制作の同人音楽「東方project」から担当者のセレクトした音楽がBGMとして流れます。

なお、両日ともに新型コロナウイルス感染予防のため、入館時の手指消毒・滞在時間(概ね60分以内)の制限・参加時のマスク着用等が呼びかけられています。

高山市図書館(岐阜県)、「みんなの健康シリーズ」のライブ配信を実施

岐阜県の高山市図書館が、2020年6月15日、ZoomおよびYouTubeを用いて、「みんなの健康シリーズ」のライブ配信を実施します。

テーマは「飛騨でもできる!!ポストコロナの肺がん治療」です。

参加には申し込み不要です。配信内容は後日地元ケーブルテレビでも放送予定です。

みんなの健康シリーズのライブ配信を行います(高山市図書館,2020/6/10)
https://www.library.takayama.gifu.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=48&comment_flag=1&block_id=702#_702

ページ