企画

名取市図書館(宮城県)、赤ちゃん向けお話会「ピヨピヨおはなしタイム」のYouTubeによる動画配信を実施

2020年4月15日の午前10時から12時に、宮城県の名取市図書館が、新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止している赤ちゃん向けお話会「ピヨピヨおはなしタイム」について、YouTubeを利用した動画配信を実施しました。

同館職員による手遊びや絵本の読み聞かせなどの15分間の動画がYouTube経由で配信されました。なお、同館は絵本の著者から許諾を取得してこの動画配信を実施しています。

「ピヨピヨおはなしタイム」動画配信【お知らせ】(名取市図書館)
https://lib.city.natori.miyagi.jp/web/event/1675

「ピヨピヨおはなしタイム」動画配信中【現在は終了しています】(名取市図書館)
https://lib.city.natori.miyagi.jp/web/event/1682

豊橋市中央図書館(愛知県)、図書館資料展「内山金子とその時代展」を開催

2020年4月4日から5月10日まで、愛知県の豊橋市中央図書館2階展示コーナーで図書館資料展「内山金子とその時代展」が開催されます。

同展示で取り上げられる内山金子氏は、豊橋で生まれ育ち、昭和の作曲家・古閑裕而氏の夫人となった人物です。2020年3月30日にスタートした豊橋を舞台となるNHK連続テレビ小説「エール」のヒロインのモデルにもなっています。 

展示は、今まで地元であまり知られていなかった内山金子氏の生涯・生きた時代の豊橋を紹介するという内容です。

京都女子大学図書館学研究会KWUICLS、Twitter上で勝負を決めないビブリオバトル「#バーチャル図書基地」を実施中

2020年4月11日から、京都女子大学の学生サークル「京都女子大学図書館学研究会KWUICLS」がTwitter上で「#バーチャル図書基地」を実施しています。

KWUICLSは、勝負を決めないビブリオバトルとして、あるテーマに沿った本を部員それぞれ持ち寄って紹介しあう「図書基地」をメイン活動のひとつとして実施しています。「#バーチャル図書基地」はこの活動をTwitter上で、全ての本好きの人々が参加可能な形で実施するものです。

4月11日の最初の投稿では、KWUICLSの部員によって、新入生におすすめしたい本をテーマとして、ポプラ社のポプラポケット文庫として刊行されたカナダの作家・モンゴメリーによる『赤毛のアン』シリーズが動画で紹介されました。

「#バーチャル図書基地」へは部員が投稿した動画つきツイートにリプライすることで参加することができます。

@kwuicls(Twitter,2020/4/7)
https://twitter.com/kwuicls/status/1247482779282968576

韓国図書館協会(KLA)、マスクを着用した写真を添えた新型コロナウイルス克服祈願応援メッセージを募集:抽選でクーポン券等をプレゼント

2020年4月3日、韓国図書館協会(KLA)が、マスクを着用した写真を添えた新型コロナウイルス克服祈願応援メッセージの募集を開始しました。

図書館職員と利用者が会えなくなってしまっていることから、図書館職員同士お互いに応援しあったり、図書館職員が利用者を応援する事を目的に行なうもので、専用ウェブフォームから申し込むことができます。

期間は4月3日から4月12日までで、応募者の中から抽選で、第57回全国図書館大会の参加費(9万ウォン相当)や、フライドチキン・スターバックス・コンビニエンスストアのクーポン券が当たるほか、選ばれた写真やメッセージは機関誌『図書館文化』2020年3・4月号に掲載されます。

発表では、新型コロナウイルス感染症を克服し、ワイワイと本を読む声にあふれた図書館でまた会いましょう、と述べられています。

E2243 - 作り手と読者の交流を促すフリーペーパー・オブ・ザ・イヤー

フリーペーパー・オブ・ザ・イヤーは,「文化のセーフティネットを創る」をコンセプトに,大阪を中心に活動する一般社団法人ワオンプロジェクトを主宰している田中冬一郎氏の発案で,2017年から始められたものであり,2019年度に第3回目が開催された。

筑後市立図書館(福岡県)、雑誌ふろくプレゼント企画『すてきな雑誌ふろくすべてプレゼント!2020』を開催中

2020年2月1日から29日まで、福岡県の筑後市立図書館が、雑誌ふろくプレゼント企画として、『すてきな雑誌ふろくすべてプレゼント!2020』を開催しています。

同館資料を5点貸出するごとに発行される応募券へ、企画のプレゼントとして活用される展示中の雑誌ふろくを選んで記入し、応募箱へ投函するという内容です。応募の結果は2020年3月13日に図書館内及び同館のウェブサイト上で発表されます。

図書館利用感謝企画!『すてきな雑誌ふろくすべてプレゼント!2020』(筑後市立図書館)
https://library.city.chikugo.lg.jp/events.html#sutekinahuroku2020

参考:
筑後市立図書館(福岡県)、理学療法士が指導するしあわせUP講座「図書館でストレッチ」を開催
Posted 2019年3月8日
https://current.ndl.go.jp/node/37739

山形県立図書館、「本の森講座~家庭菜園のコツ教えます!編」を開催:農山漁村文化協会のデータベース「ルーラル電子図書館」を活用

2020年3月8日、山形県立図書館が同館1階のアクティブラーニングルームにおいて、同館が初めて行う講座として「本の森講座~家庭菜園のコツ教えます!編」を開催します。

農山漁村文化協会東北支部から講師を招き、同協会の農業系データベース「ルーラル電子図書館」を活用し、家庭菜園をより楽しむコツを学ぶという内容です。データベースを見ながら講師が家庭菜園のコツを伝える第1部と、実際にデータベースを操作して役立つ情報を入手する第2部の二部構成で開催されます。

参加費は無料ですが定員は30人で先着順です。申込書の提出、または電話により、事前に申し込みを行う必要があります。

福岡市総合図書館、「SDGs強化月間 in 福岡市総合図書館」を展開中

2020年2月4日から3月1日まで、福岡市総合図書館が、「SDGs強化月間 in 福岡市総合図書館」を展開中です。

国連寄託図書館があり、また、SDGsに関する本も多数収集している同館が、国際協力機構九州センター(JICA九州)・一般社団法人地球人の学校・よかたい図書館共同事業体との共催で行なうものです。

期間中、国連・SDGs関連書籍展示、JICA海外協力隊の活動状況展示が行われるほか、2月11日にはSDGs物産展(無肥料栽培野菜・バオバブ商品販売)や世界の国旗の缶バッチ作りが行われました。

2月23日には、小学校高学年から大人までを対象としたSDGsカードゲームワークショップや、青年海外協力隊体験談・個別相談会が行われます。2月24日には、自然農法での野菜作りを広めている方が講師の参加型講演会「みんなのSDGs(世代を超えてSDGsを語ろう)」が行われます。

SDGs強化月間 in 福岡市総合図書館(福岡市総合図書館)
http://toshokan.city.fukuoka.lg.jp/events/detail/1833

伊賀市上野図書館(三重県)、2020年2月の「忍者市月間」以降「忍者図書館」仕様に変身することを発表

2020年1月31日、三重県の伊賀市上野図書館が、2020年2月の「忍者市月間」以降、同館が「忍者図書館」仕様に変身することを発表しました。

これは伊賀市が2020年2月を「忍者市月間」として、忍者に関する様々な関連行事を行うことの一環として取り組まれるものです。「忍者図書館」仕様となった同館では、次のような「忍術(企画や取り組み)」が実施されます。

尼崎市立北図書館(兵庫県)、「図書館DEプラネタリウム」を開催

2020年2月15日、兵庫県の尼崎市立北図書館が、集会室に設置されたドームの中で解説を聞きながら星空を見る「図書館DEプラネタリウム」を開催します。

1日に6回実施され、対象は小学生以上(低学年は保護者同伴)ですが、最終回6回目は中学生以上の大人のみが対象です。

定員は、各回先着15人です。

図書館DEプラネタリウム(北図書館)(尼崎市立図書館)
https://www.amagasaki-library.jp/TOSHO/asp/WwEvent.aspx?ID=194

【北図書館】図書館DEプラネタリウム(尼崎市, 2020/2/1)
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/manabu/tosyokan/1002025/1009547/1019468.html

ページ