オープンデータ

経済協力開発機構(OECD)・国際科学会議世界科学データシステム(ICSU-WDS)、国際的な研究データネットワークの創設や維持を可能とする原則や政策を明らかにするための報告書を公開

2017年12月8日、経済協力開発機構(OECD)Global Science Forum(GSF)と国際科学会議世界科学データシステム(ICSU-WDS)による報告書“Co-ordination and Support of International Research Data Networks”が公開されました。

国際的なオープンサイエンスの取組を支援するために効果的な、国際的なデータネットワークの創設や維持を可能とする原則や政策を明らかにすることを目的としたもので、そのようなネットワークの多様性や複雑さや、ガバナンスや財源といった課題を分析し、政策的な提言を行なっています。

「政府統計の総合窓口」(e-Stat)、リニューアル

2017年12月8日、総務省が、2018年1月4日に「政府統計の総合窓口」(e-Stat)をリニューアルすると発表しました。

マルチデバイス対応、データ検索機能の強化、統計表レイアウトの編集機能の強化、地理情報システムの統合などの機能が加わります。

リニューアルに先立ち、2017年12月11日に、新システムのプレサイトが公開されます。

「政府統計の総合窓口(e-Stat)」のリニューアル(総務省,2017/12/8)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01toukei10_01000001.html

政府統計の総合窓口(e-Stat)
https://www.e-stat.go.jp/

米・アイダホ自然史博物館、ジャイアントバイソンの化石の3Dモデルを公開:3Dプリント用のデータも公開

2017年12月4日、米・アイダホ州立大学のアイダホ自然史博物館は、ジャイアントバイソン(Bison latifrons)の化石の3Dモデル250点を、オンラインで公開しました。

あわせて、3Dプリント用のデータも公開されていますが、3Dプリントは非商用目的のみで利用可能です。

【イベント】歴史的典籍オープンデータワークショップ~切ったり貼ったり、古典籍からなにを取り出そう?~(12/8・大阪)

2017年12月8日、国文学研究資料館は、大阪市立大学文化交流センターにおいて、「歴史的典籍オープンデータワークショップ~切ったり貼ったり、古典籍からなにを取り出そう?~」を開催します。

今後公開予定の画像データ30万点の利活用の可能性を探ることを目的としています。今回は、古典籍画像や技術を活かしたキュレーションサイトの展開例を考えます。

参加費は無料です。事前の申込が必要です。

第1部 歴史的典籍オープンデータを知る
15:15-15:20 概要説明
15:20-15:50 データ/ツール紹介

第2部 歴史的典籍アイデアソン
16:00-16:10 オリエンテーション
16:10-17:20 グループディスカッション
17:30-18:00 発表・講評

無料のベースマップ“Community Map of Canada”が公開(カナダ)

2017年11月15日、Esriカナダが、無料のベースマップ“Community Map of Canada”が公開されたことを発表しています。

データ提供者の協力や地方公共団体のオープンデータをもとに構築されており、カナダの大半の市町村をカバーしていると紹介されています。

Community Map of Canada Now Available (esri Canada,2017/11/15)
https://esri.ca/en/company/news/news-releases/community-map-of-canada-now-available

国立情報学研究所、次世代リポジトリソフトウェア開発に着手したことを発表 欧州原子核研究機構、物質・材料研究機構と連携

2017年11月7日、国立情報学研究所(NII)が欧州原子核研究機構(CERN)、物質・材料研究機構(NIMS)と連携し、次世代リポジトリソフトウェア「WEKO3」の開発に着手したことが発表されました。

NIIはWEKOを文献のみならず、研究データを含む幅広い学術成果公開のプラットフォームとするべく、CERNが開発した汎用リポジトリソフトウェア「Invenio」をもとに、WEKO3を開発するとのことです。機能の拡張性・運用性能の向上に加え、大規模データにも対応可能なシステムとなるとされています。

オープンサイエンス時代の次世代リポジトリソフト開発に着手 国立情報学研究所が欧州原子核研究機構と共同で/物質・材料研究機構も連携(NIMS、2017/11/7付け)
http://www.nims.go.jp/news/press/2017/11/201711070.html

Open Scholarship Initiative、2017年会合のレポートを公開

Open Scholarship Initiativeが2017年4月に米ワシントンで開催した会合、OSI2017の詳細なレポートが、2017年11月上旬から公開されています。

OSIは学術情報流通の改善のために、関係者間の国や組織等の垣根を超えたコミュニケーションを実現するために、2016年初頭にUNESCO等が立ち上げた活動です。2017年の会合では「助成モデル」、「機関リポジトリ」、「査読」、「OA推進のための昇進・テニュア獲得の在り方」等のトピックごとに分かれたワーキンググループの会合と、「雑誌編集者」、「出版者」等の各ステークホルダーごとの会合のレポートの2種類が行われました。今回公開されたレポートでは、それぞれの会合の詳細について個別にまとめられています。

Open Scholarship Initiative Proceedings Vol 2 (2017)
https://journals.gmu.edu/osi/issue/view/201

【イベント】アーバンデータチャレンジ2017全体イベント(11/24・金沢)

2017年11月24日、一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会(AIGID)等主催のアーバンデータチャレンジ2017(UDC2017)全体イベント「アーバンデータチャレンジの全国での活動展開~40地域拠点、石川に集結!~」が、ITビジネスプラザ武蔵(金沢市)で開催されます。
 
2016年度に全国30の地域拠点の中からベスト地域拠点賞を受けた石川ブロックを開催地として、地方公共団体の取組状況やUDC2017を通じて取り組みたい課題等について話題提供が行われます。「第1部:データ流通と利活用の最新動向」「第2部:UDC2017地域拠点PRと活動報告」の2部構成です。当日はインターネットでの中継も予定されています。
 
定員は150人、参加費は無料の予定です。事前の申込みが必要です。
 
news(UDC)
http://urbandata-challenge.jp/category/news

米国国立運輸図書館、機関リポジトリ“ROSA P”を公開

2017年11月3日、米・運輸省の運輸統計局(BTS)は、米国国立運輸図書館(National Transportation Library:NTL)が、機関リポジトリ“ROSA P”を公開したと発表しています。

3万点を超すNLTのオープンデータや出版物を利用することが可能です。

メタデータの改定による検索・発見機能の向上、米・疾病管理予防センター(CDC)が作成したオープンソースのプラットフォームを基盤とした構築、全アイテムへのDOIの付与といったことが行われています。

NTL Launches New Public Access Repository ROSA P (BTS,2017/11/3)
https://www.bts.gov/newsroom/ntl-launches-new-public-access-repository-rosa-p

ROSA P(NTL)
https://rosap.ntl.bts.gov/

大阪市立図書館、OML48チームHIKIFUDA(ひきふだ)選抜総選挙を開催中

大阪市立図書館が、2018年1月31日まで、OML48チームHIKIFUDA(ひきふだ)選抜総選挙を開催しています。

大阪市立図書館デジタルアーカイブでオープンデータとして公開されている引札に登場しているキャラクター(OML48)から「初代センター」を投票により決定するもので、選ばれた16組のキャラクターを対象に、同館ウェブサイト内のアンケートフォームからの投票を受け付けています。

OML48チームHIKIFUDA(ひきふだ)選抜総選挙開催 1月31日まで (大阪市立図書館,2017/11/7)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=joowmu63f-510#_510

OML48チームHIKIFUDA(ひきふだ)選抜総選挙 開催中!(大阪市立図書館)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/?page_id=1646

ページ