図書館経営

CA1389 - 民間企業との新しい委託関係−英国公共図書館のIT対策− / 大場利康

図書館とIT(情報技術)との関係が深まるにつれ,図書館におけるIT関連の業務もまた,多様かつ複雑になりつつある。そのような状況に対して,英国のロンドン特別区の一つブレントである試みが行われている。図書館に関するIT関連業務を,ファシリティマネジメント(施設管理)契約として民間企…

CA1379 - 公共図書館における統計の利用目的 / 梶田英知

今回紹介する調査報告は,米国において,統計の利用実態調査が不十分であるという認識のもと,米国図書館協会公共図書館部会のPublic Library Data Service: Statistical Report(PLDS)と米国教育統計局のFederal-State Cooperative System(FSCS)という2種類の全国規模の統計情報が,図書館経営においてどのように利用…

CA1371 - 英国の公共図書館が閉館に至るまで / 冨田陽子

英国の公共図書館は,過去25年間において,削減される予算との兼ね合いの中でサービスの質を維持する闘いを強いられ,閉鎖を余儀なくされることも多かった。労働党政権となってからは,公共図書館間のネットワークの重要性が認識されるようになったが,それでもまだ,図書館閉鎖の恐れ…

CA1365 - 図書館運営への若者参加の可能性−「かっこいい」図書館への道− / 関口薫

図書館が,多くの10代の若者にとって「かっこいい(cool)」と思えるには程遠いということは言うまでもないだろう。米国において,DeWitt Wallace-Reader's Digest Fundが1998年に始めた「図書館を若者教育のパートナーに」というプロジェクトの一環として,同年11月から翌年5月にかけてブルックリン公…

CA1364 - 英国公共図書館におけるボランティアの現状 / 齋藤純子

英国では公共図書館でのボランティア使用には10年以上の歴史があるが,97年の政権交替以降,ボランティアが改めて注目されている。労働党政府は,民主的な社会の発展にボランティア活動は不可欠であるとして,ボランティアがコミュニティの活性化に果たす役割に大きな期待を寄せている。…

CA1340 - 南アフリカ国立図書館におけるマーケティング活動の試み / 柳与志夫

図書館におけるマーケティング活動は,英米を中心に1980年代初頭から始まり,早くも1988年にはユネスコが図書館マーケティングのガイドラインを出すまでになるが,他の非営利組織,例えばすでに1970年代から活発に導入されていた病院や大学に比べると,かなり遅い取組みと言えよう。その背…

CA1330 - 英国地方自治体の再編と公共図書館−LOGOPLUS プロジェクトの概要− / 小笠原美喜

1986年,当時のサッチャー政権は,イングランド大都市圏の地方自治体再編に乗り出した。首都のグレーターロンドン(Greater London Council)およびロンドン以外の6大都市圏で広域的自治体を廃止し,従来の地方自治体の構造―「カウンティ(county)」(県に相当する広域的自治体)と「ディストリクト(distri…

CA1326 - 補佐職員達の今後 / 伊藤直美

情報化社会と呼ばれる現代において,図書館の役割は大きく変化しつつある。特に,業務の効率化を求める経営上の要請がますます強くなるなかで,年々増え続ける資料と,迅速かつ正確な情報供給を求める利用者の声に対処することを迫られているテクニカルサービス部門にとっては,限られ…

CA1249 - 図書館の民間委託−リバーサイドカウンティ公共図書館− / 大島康作

米国カリフォルニア州南部のリバーサイドカウンティは,25の分館からなるその図書館システムの運営を,86年もの間リバーサイド市に委託してきた。しかし,両者の関係は1997年6月をもって終止符を打ち,リバーサイドカウンティは新たに公開入札により1997年9月1日からLSSI(Library Systems & Servi…

CA1192 - 利用者ガイダンスに関するセミナーを開催−調査研究プロジェクト活動報告(10)− / 伊藤直美

従来,図書館は,蔵書やレファレンスツール・職員の知識や技術といった,「職員側」のスキルの向上を中心に,利用者サービスを考えてきた。しかし,図書館には,資料や図書館員以上に,多くの「利用者」が存在する。その「利用者」を視野に大きく取り入れ,図書館を主体的に使ってもら…

ページ