アウトリーチ

菊池市中央図書館(熊本県)と喫茶店が連携し、司書が選んだ図書100冊からなる文庫を店内に設置

熊本県の菊池市中央図書館とコメダ珈琲店熊本菊池店が連携し、同館の司書が選んだ図書100冊からなる「菊池コメダ文庫」の店内への設置を2019年2月から実施しています。

4月14日からは、同館館長が選んだ100冊が置かれています。

地元紙の報道によると、同館の団体貸出制度を活用したもので、毎月15日に設置される図書は入れ替えるとのことです。

@KiCROSS.LL(Facebook,2019/2/16)
https://www.facebook.com/KiCROSS.LL/posts/1849515711843976

@komedakikuchi(Facebook,2019/4/14)
https://www.facebook.com/komedakikuchi/posts/2875089319197866

三重県立津高等学校図書館、昼休み時間帯に「青空図書館」を開催

三重県立津高等学校図書館が、2019年4月18日の昼休み時間帯に、同校中庭において「青空図書館」を開催しました。

教員推薦のバックミュージックを流したり、飲み物が準備されたと紹介されています。

新聞の報道によると、生徒の学校図書館の利用率が低いことから実施したものです。並べられた本は100冊弱で、「旅」をテーマに旅行に関する本を中心に揃えたほか、忙しい生徒のために、整体や世界の食べものに関する本も並べたとのことです。

三重県立津高等学校 TOPICS
http://www.mie-c.ed.jp/htu/
※2019/04/18欄に 「本校の活動報告 〈青空図書館が開催されました〉」とあります。

「青空図書館」の様子 H31.4.18(津高等学校)
http://www.mie-c.ed.jp/htu/topics/topics2019/20190418/aozoratosyokan.html

E2124 - 津山市立図書館×地元企業:「カリコレ」で地域課題に挑戦

津山市(岡山県)に本社のある株式会社ワードシステムは団体貸出を支援するサテライト貸出システム「カリコレ」を開発し,2019年1月11日にサービスの提供を開始した。このシステムは津山市立図書館と市内IT企業であるワードシステムが共同開発したもので,全国でも珍しい図書館発の産官連携の成果である。「カリコレ」は,図書館の一般的なサービスである団体貸出において,団体貸出先から資料を貸し出すのが難しいという問題を解決する,これまでにありそうでなかったツールである。具体的には,団体貸出先を図書館のサテライトのように位置づけ,当該団体に貸出中の資料データを電子ファイル形式で「カリコレ」に取り込んで貸出や返却を簡便に行うことができるようにしたシステムである。図書館電算システムとの連携は必要としない。

CA1946 - 韓国の公共図書館の多文化サービス-プログラム事例を中心として- / 廣田美和

 ここ数年、日本の在留外国人数(中長期在留者及び特別永住者)は増加しており、2017年末には約256万2,000人(全人口比約2%)と過去最高を記録した。国籍・地域別に見るとベトナム、ネパール、インドネシアが大きく増加し、構成比も変化している(1)。しかし、日本の公共図書館における多文化サービスの現況は、日本図書館協会が行った「多文化サービス実態調査2015」によると、「全体としては足踏み状態が続いている状況」である(E1900参照)(2)

韓国・富川市立図書館、育児関連図書やSNSで受け付けた住民の悩み・事情に応じた図書を紹介するYouTubeチャンネルを開設

韓国・京畿道の富川市立図書館が、図書を紹介することを目的としたYouTubeチャンネルを2019年3月15日に開設しました。

カカオトークで受け付けた住民の悩みや事情に応じて適切な本を紹介する「本の悩み相談所」や、児童書や育児をテーマに親の目線で児童書を調べて育児関連図書を紹介するコーナーといった2つのコーナーがあり、月2回提供される予定です。

市の担当者の説明によると、若者が読書の価値を認識する契機となることを目的としているとのことです。

韓国・唐津市立図書館、同市居住の妊産婦及び1歳未満の乳幼児のいる家庭等を対象とした図書宅配サービスを開始

韓国・忠清南道の唐津市立図書館は、2019年4月から、同市居住の妊娠7か月以上の妊産婦及び1歳未満の乳幼児のいる家庭等を対象に、図書宅配サービスを開始すると発表しました。

利用するには、妊産婦は本人確認書類及び母子手帳を、乳幼児の保護者は本人確認書類と住民登録票謄本を持参して図書館で申請する必要があります。場合によって、保健所・産婦人科・小児科・産後調理院も利用登録が可能です。

ウェブサイトや電話で申し込むことで、月2回1人10冊を20日間借りることが可能です。

E2111 - アウトリーチへのアプローチ:北米研究図書館協会(ARL)調査

図書館のアウトリーチ活動が検証なしに実践されている。こうした現状認識のもと,北米研究図書館協会(以下「ARL」)は,報告書シリーズ“SPEC Kit”の第361号として,“Outreach and Engagement”(2018年11月付)を刊行した。この報告書は,ARLが125の加盟館に対して2018年7月から8月にかけて調査を実施し,57館から得た回答結果をまとめたものである。報告書は,調査結果に加え,アウトリーチに関する使命と目的に関する声明,イベント企画書,アウトリーチに携わる職員の職位記述書等の実例で構成されている。以下,調査結果の概要を紹介する。

韓国国立中央図書館(NLK)の国立障害者図書館、障害者のための図書館資料無料郵送貸出サービスの対象を全ての登録障害者・国家有功傷痍者・長期療養者に拡大すると発表

2019年1月30日、韓国国立中央図書館(NLK)の国立障害者図書館が、障害者のための図書館資料無料配達サービス「책나래서비스」(本の翼サービス)の対象を、等級による制限をなくし、2月1日から、全ての保健福祉部の登録障害者・国家報勲処の登録国家有功傷痍者・国民健康保険公団の認定長期療養対象者に拡大すると発表しました。

今回のサービス拡大により、対象者が約268万人から約324万人へと約56万人増加するとしています。

安曇野赤十字病院(長野県)において安曇野市美術館博物館連携事業実行委員会主催の出前展覧会が開催中

長野県の安曇野赤十字病院において、2019年1月17日から1月31日まで、安曇野市美術館博物館連携事業実行委員会主催の出前展覧会が開催中です。

同市の美術館・博物館の収蔵作品・資料を出前展示することで、多くの市民が作品を鑑賞する機会を増やすとともに、学芸員等による解説を行なうことで身近にある美術館・博物館への理解を深め、市民が楽しむ機会を設けることを目的としたものです。

1月25日には、作品解説トークや、画家ジャンセンの「線」を体感する「なりきり☆ジャン線」(安曇野ジャンセン美術館)・「削って描く!?スクラッチアート」(安曇野髙橋節郎記念美術館)・水性ペンによる塗り絵「点描画をえがいてみよう」(安曇野市豊科近代美術館)といったワークショップが行なわれます。

安曇野市出前展覧会が当院で開催されます(安曇野赤十字病院)
https://www.azumino.jrc.or.jp/archives/18999

市立小諸図書館(長野県)、浅間南麓こもろ医療センターでの出張貸出しサービスを開始

2018年12月6日、長野県小諸市の市立小諸図書館が、隣接する浅間南麓こもろ医療センターでの出張貸出しサービスを開始したと発表しています。

第1木曜と第3木曜の午後3時半から4時半に出張しており、貸出しは1人5冊までで、期間は次の出張サービスまでとなっています。また利用カードを持っていない人でも貸出し可能です。

@komoro.lib(Facebook,2018/12/8)
https://www.facebook.com/komoro.lib/posts/1597679416998702

参考:
恵那市中央図書館(岐阜県)、上矢作病院での図書貸出サービスを開始
Posted 2018年11月1日
http://current.ndl.go.jp/node/36951

ページ