地域

益田市立図書館(島根県)の図書館前の広場で「としょキャン!!」が開催:図書館の新しい可能性を開拓するMYBRARY Projectの一環

島根県の益田市立図書館において、2019年8月12日に、図書館前の広場を利用した企画「としょキャン!!」が開催されました。

市民の有志からなる「ヒビノデザイン」が主催し、益田市教育委員会と益田市立図書館が共催した企画で、同館の新しい可能性を開拓し、「まいにち行きたくなる、わたしの図書館」にすることを目指すMYBRARY(マイブラリー)プロジェクトの一環として実施されたものです。

開催前の地元紙の報道によると、主催組織の代表が2018年から同館において話し合い、約200の改善点や意見のなかから、同館で「できる」ことを増やそうと計画したものとのことです。

Facebookのイベントページによると、直径3メートルの竹での「スター★ドーム」づくり(完成後しばらく常置)、竹灯籠でのライトアップ、本や図書館についての語らい等の実施が紹介されています。

としょキャン!!
https://www.facebook.com/events/347368332868192/

岐阜市立中央図書館、郷土文化を学ぶ講座「みんなの図書館 おとなの夜学」の内容をブックレットにして販売

2019年8月15日、岐阜市立中央図書館は、同館が主催する、郷土文化にまつわるあれやこれやを学ぶ講座「みんなの図書館 おとなの夜学」のなかから、選りすぐりの4講座の内容をブックレットにし販売を開始したと発表しています。

「おとなの夜学」では、岐阜の地域文化に通じた様々な分野のプロフェッショナルを招き、対談やディスカッションを行っています。

販売価格は1冊300円(税込)で、限定各100冊です。

僕たちはまだ知らない。本当の岐阜のこと。「おとなの夜学ブックレット」販売開始!(岐阜市立図書館からのお知らせ, 2019/8/15)
https://g-mediacosmos.jp/lib/information/2019/08/post-690.html

みんなの図書館 おとなの夜学
https://otonanoyagaku.net/

宮津市立図書館(京都府)、第1回図書館講座「宮津の魚とその未来」を開催

京都府の宮津市立図書館が、2019年8月25日、第1回図書館講座「宮津の魚とその未来」を開催します。

宮津市の漁師で、「宮津湾とりがい育成組合」の会長を務める講師による講演の後、参加者を交えての座談会が行われます。

参加費は無料ですが、事前の申込が必要です(先着100人)。

@MiyazuCity(Facebook,2019/7/13)
https://www.facebook.com/MiyazuCity/posts/2462034803857958/

宮津市立図書館
https://ilisod001.apsel.jp/miyazu-lib/wopc/pc/pages/TopPage.jsp
※お知らせ欄に「第1回 図書館講座 宮津の魚とその未来」とあります。

大阪市立東成図書館、「カードゲームでSDGsを知ろう!~地域で学ぶSDGs~」を開催

大阪市立東成図書館が、2019年8月31日、「カードゲームでSDGsを知ろう!~地域で学ぶSDGs~」を開催します。

カードゲームを通してSDGsを知ることができる催しで、「ひがしなりSDGsアンバサダー認証協議会」との共催で行われます。

参加費は無料ですが、定員は30人(事前申込制・先着順)です。

【東成】カードゲームでSDGsを知ろう!~地域で学ぶSDGs~(大阪市立図書館,2019/8/5)
https://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jo7kmzkz1-510#_510

参考:
岩手県、SDGsをキーワードに動物のいのちを大切にする社会を目指す「県南ねこ会議 奥州くまくま部屋」を開催:奥州市立胆沢図書館「猫ノ図書館」も図書館バスで出張
Posted 2019年8月1日
http://current.ndl.go.jp/node/38702

福井大学附属図書館、「W.E.グリフィス顕彰小論文コンクール」を実施

福井大学附属図書館が、明治維新期に福井藩の招きで来日し、福井と東京で日本の教育の近代化に貢献したW.E.グリフィスの業績を顕彰することを目的として、公益財団法人日下部・グリフィス学術・文化交流基金の助成による「W.E.グリフィス顕彰小論文コンクール」を実施しています。

募集内容は「グリフィスの福井」をテーマに、同館ウェブサイトで公開されているグリフィスの日記や書簡を参照しながら、グリフィスが福井滞在中に感じたことなどについて論じた日本語または英語による小論文です。

小論文の字数は、日本語の場合1,500字から2,000字以内、英語の場合600語から800語以内で、2019年11月10日が応募締切です。留学生、短期大学生、高等専門学校4年生以上を含む、福井県内の大学在籍の大学生および大学院生に参加資格があります。

結果は2019年12月上旬に同館ウェブサイト上で発表される予定です。

株式会社未来の図書館 研究所、『調査・研究レポート』Vol.2のPDF版を公開

2019年8月10日、株式会社未来の図書館 研究所は、『調査・研究レポート』Vol.2(2019年3月発行)のPDF版を公開したことを発表しました。『調査・研究レポート』では、同研究所が行っている、図書館のこれからのあり方に関する調査研究や、その成果を活用した教育研修事業等についての活動成果が紹介されています。

今回PDF版が公開されたVol.2では、同研究所第2回シンポジウム「図書館とソーシャルイノベーション」の記録、ワークショップ「図書館員の未来準備」の概要、同ワークショップで展開された内容と関連する研究レポート2本が収録されています。

『調査・研究レポート』Vol.2をWebで公開しました(株式会社未来の図書館 研究所, 2019/8/10)
http://www.miraitosyokan.jp/wp/20190810/

【イベント】シンポジウム「資料から再発見する江戸の底力」(松江・9/14)

2019年9月14日、島根大学において、公益財団法人手錢記念館(島根県出雲市)・島根大学法文学部山陰研究センター・島根大学附属図書館の主催により、シンポジウム「資料から再発見する江戸の底力―手錢家所蔵資料(文書・古典籍・美術)を繋ぎ活かす取り組み―」が開催されます。

同シンポジウムは2019年6月に手錢記念館と島根大学が包括的連携に関する協定を締結したことを記念して、手錢記念館及び同館と共同プロジェクトを実施している島根大学法文学部山陰研究センター・島根大学附属図書館が、プロジェクトの合同成果報告として開催するものです。

手錢記念館と法文学部及び附属図書館は、10年以上にわたって、手錢家の所蔵する江戸時代の貴重な美術品や文献資料、歴代当主らによる和歌や俳諧作品、関連資料等について、調査研究・デジタル化・資料活用を協力して進めています。シンポジウムでは、手錢家の資料調査に長年携わり、江戸時代の文学・歴史学の分野の第一線で活躍する研究者による最新の学術成果の報告や、今後の調査研究の展望を示すパネルディスカッションが行われます。

入場無料・事前申込不要です。プログラムは次のとおりです。

○基調講演
「手錢家蔵書の形成過程を探る」
田中則雄氏(島根大学法文学部)

宮城県富谷市、市内初の図書館開設のため図書館建設費の一部を募るクラウドファンディングを開始

2019年8月9日、宮城県富谷市は、市内初の図書館「富谷市民図書館」建設に向けて、図書館建設費の一部を募るクラウドファンディングを開始しました。募集期間は2019年11月7日までです。

富谷市には市内6つの公民館図書室があるのみで、図書館法及び図書館設置条例に基づく図書館が整備されておらず、「富谷市民図書館」の2022年度開館に向けて取り組みが進められています。今回のクラウドファンディングプロジェクトの目標金額は1,038万円で、支援金は総額8億円を予定している図書館整備費用の一部に充てられます。

このクラウドファンディングへの個人からの寄付金は「ふるさと納税」の対象となり、所定の手続きを経た場合には、寄付額から2,000円を除いた金額が所得税・個人住民税から控除されます。

@tomiya.seikatu(Facebook,2019/8/9)
https://www.facebook.com/tomiya.seikatu/posts/1346832522146449

E2164 - 県立長野図書館「信州・学び創造ラボ」の整備と現状

カレントアウェアネス-E

No.374 2019.08.08

 

 E2165

県立長野図書館「信州・学び創造ラボ」の整備と現状

県立長野図書館・小澤多美子(おざわたみこ)

 

   2019年4月6日,県立長野図書館の3階に「信州・学び創造ラボ(以下「ラボ」)」がオープンした。ラボは「共知・共創(共に知り,共に創る)」をコンセプトに掲げた「これからの図書館や公共空間のあり方」を考えるための実験室である。

生駒駅前図書室(奈良県)、「本棚のWA」第8話『バーのある人生』を開催

2019年9月21日、奈良県生駒市の生駒駅前図書室が、「本棚のWA」第8話『バーのある人生』を開催します。

「本棚のWA」は、同館が2016年度に開催した「図書館とまちづくりワークショップ」の提案事業で、生駒にゆかりのある人のトークを聞き、質問や交流を行い、図書館の本でさらに興味を広げ深めることを目的に、提案者有志の会「本棚サークル」と図書館が開催しているものです。

8回目となる今回は、市内でバーを経営する方をゲストに迎え、初心者向けへのカクテルの紹介、家庭でも簡単に作れるカクテルレシピ、バーでのスマートなふるまい方、自身のこれまでの歩みについてのトークが行われます。実演とノンアルコールカクテルの試飲つきです。

費用は無料ですが、定員20人(抽選制)で、市内在住・在勤の20才以上の方が対象です。

「本棚のWA」 第8話 『バーのある人生』(生駒市,2019/8/1)
https://www.city.ikoma.lg.jp/0000018461.html

ページ