オープンサイエンス

九州大学附属図書館、シンポジウム・ワークショップ「大学における研究データサービス」及びセミナー「研究インパクト指標」の発表資料を公開

2020年1月21日、九州大学附属図書館は、2019年12月5、6、9日に同館及び大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻共同開催企画として実施した次のイベントについて、ウェブサイト上に開催報告を掲載しています。

・シンポジウム・ワークショップ「大学における研究データサービス」(12/5、6開催)
・セミナー「研究インパクト指標」(12/9開催)

開催報告では、イベントの概要を報告するとともに、発表資料を九州大学学術情報リポジトリ(QIR)上で公開していることを紹介しています。

ニュース(九州大学附属図書館)
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/news
※2020年1月21日付けのニュースに「【開催報告】研究データおよび研究インパクト指標に関する国際イベント」とあります。

EBSCO社、オープンリサーチの成長・加速化等のため“Code Ocean”、及び“protocols.io”との提携を発表

2020年1月21日、EBSCO社は、研究者・技術者向けに学会・会議予稿集内で公開されたコードを発見・実行するためのプラットフォームCode Oceanとの提携を発表しました。

EBSCO社は提携関係に基づいて、研究の再現性の保証・オープン化等を実現するため、論文内のコードやデータの共有・再利用を促すCode Oceanのプラットフォームを世界中の研究コミュニティに拡大すること、Code Oceanの潜在的な影響範囲・影響力を拡大することを表明しています。

また、同じく2020年1月21日付で、EBSCO社は米・カリフォルニア州バークレーを拠点とし研究上のプロトコルやメソッドをオープンアクセス(OA)で共有するプラットフォームサービス“protocols.io”と提携したことも発表しています。

国立大学図書館協会、「オープンサイエンスの推進に向けた協会の行動計画」を公表

2020年1月15日、国立大学図書館協会(JANUL)は、「オープンサイエンスの推進に向けた協会の行動計画」及び別紙「オープンサイエンスの推進に向けた協会の行動計画の具体的なイメージ」を公表しました。

オープンサイエンスのうち、研究データ管理、オープンリサーチデータの推進のため、会員館の取り組みを支援することを公表の目的としています。

アドボカシー活動の推進、人材の育成、先導的事業の推進の3項目について、短期(1~2 年)と中期(3~5 年)それぞれの事業計画が示されています。

お知らせ(JANUL)
https://www.janul.jp/ja/news
※2020年1月15日付けのお知らせに「「オープンサイエンスの推進に向けた協会の行動計画」を公表しました」とあります。

「オープンサイエンスの推進に向けた協会の行動計画」を公表しました(JANUL)
https://www.janul.jp/ja/news/20200115

E2218 - 第24回情報知識学フォーラム<報告>

2019年11月23日,第24回情報知識学フォーラムがITビジネスプラザ武蔵(金沢市)にて行われた。情報知識学フォーラムは情報知識学会が主催となり,毎年情報知識学に関わる様々なテーマを取り上げている。

Taylor & Francisグループ、F1000 Researchを買収

2020年1月10日、Taylor & Francisグループは、オープンアクセス出版プラットフォームを提供するF1000 Researchを買収したことを発表しました。

Taylor & FrancisグループのChief ExecutiveであるAnnie Callanan氏は今回の買収に関し、オープンリサーチ及びより広範な出版サービスにおける同グループの能力を顕著に強化・拡張するものであり、また、現状に挑戦し革新を行う文化をもたらすものであると評価しています。

プレスリリースでは、以下のような点等にも言及しています。

・F1000 ResearchがTaylor & Francisグループのオープンリサーチサービス及びPlan S準拠のプラットフォームにおける重要な構成要素となること
・今回の買収が、Taylor & FrancisグループのインプリントであるRoutledgeやTaylor & Francisと提携している人文科学・サイエンスコミュニティを、F1000 Researchのサービスと結び付ける機会をもたらすものであること
・F1000Prime、F1000Workspaceは今回の買収には含まれないこと

フィンランド研究コミュニティの共同体“Avoin tiede”、2020年から2025年までのオープンサイエンス・オープンリサーチに関する共通の方向性を提示した宣言を公開

2020年1月9日、オープンサイエンスの推進に関するフィンランド研究コミュニティの共同体“Avoin tiede(Open Science)”が、2020年から2025年までのオープンサイエンス・オープンリサーチに関する共通の方向性を提示した宣言として、“Avoimen tieteen ja tutkimuksen julistus 2020-2025(Declaration for Open Science and Research 2020-2025)”の公開を発表しました。

【イベント】国立大学図書館協会中国四国地区協会・JPCOARワークショップ「『OA + x = OS 』~とにかくオープンアクセス・オープンサイエンス~」(2/13・岡山)

2020年2月13日、岡山大学附属図書館中央図書館3階セミナー室において、国立大学図書館協会中国四国地区協会の主催・オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)の共催により、ワークショップ「『OA + x = OS 』~とにかくオープンアクセス・オープンサイエンス~」が開催されます。

オープンサイエンスの動きが活発化し、大学図書館にもその対応が求められていることを背景に、オープンサイエンスの最新動向の把握と機関リポジトリによるグリーンオープンアクセス(OA)の取り組み事例の共有を通して、学術情報のオープン化に大学図書館がどのように貢献できるのかを考える、という趣旨の下で開催されます。参加費は無料ですが、定員は80人で事前の申し込みが必要です。当日の主なプログラムは次のとおりです。

・開会挨拶・趣旨説明
 李禎之氏(岡山大学附属図書館副館長)

〇第1部 とにかくオープンサイエンス
・基調講演「オープンサイエンスの潮流と図書館機能の重要性」 
 林和弘氏(科学技術・学術政策研究所)

・講演「図書館員のためのオープンサイエンス」
 杉田茂樹氏(上越教育大学)

・質疑応答

SPARC Japan NewsLetter 第37号が公開:第2回SPARC Japanセミナー2018「オープンサイエンス時代のクオリティコントロールを見通す」の報告を掲載

2020年1月9日、国立情報学研究所(NII)の国際学術情報流通基盤整備事業(SPARC Japan)は SPARC Japan NewsLetter 第37号を公開しました。

2018年10月25日に開催された第2回SPARC Japanセミナー2018「オープンサイエンス時代のクオリティコントロールを見通す」の報告が収録されており、当日参加者のコメント(抜粋)や、講演やパネルディスカッションの内容を書き起こしたドキュメント等が掲載されています。

「SPARC Japan ニュースレター第37号」を掲載(SPARC Japan, 2020/1/9)
https://www.nii.ac.jp/sparc/2020/01/sparc_japan_37.html

オランダ大学協会(VSNU)、改正著作権法第25fa条(“Taverne Amendment”)による学術成果のオープンアクセス(OA)化の実施拡大に対する支援を決定

オランダのオープンアクセス(OA)に関する情報を提供するウェブサイト“open access.nl”の2020年1月7日付の記事で、オランダ大学協会(VSNU)が2019年末に、改正著作権法第25fa条(“Taverne Amendment”)の実施拡大に対する支援を決定したことが紹介されています。このVSNUの決定は2020年までに学術成果の全てをOA化するという目標を再加速させるためである、と説明されています。

“Taverne Amendment”は、オランダの公的助成を受けた学術論文や図書の一部は、公表後、合理的な期間を経るとOAで公開可能になるという内容の条項です。VSNUはこれによる学術成果のOA化を加速させるため、2019年1月に公表から6か月を経た学術成果の出版社版を、著者らが機関リポジトリによりOA化することを支援するパイロットプロジェクト“You share, we take care”を開始しました。2019年中、“You share, we take care”には600人以上の研究者が参加し、2,800件以上の学術成果がOA化されています。

オランダ大学協会(VSNU)をはじめとしたオランダ国内の研究機関がElsevier社とオープンアクセス(OA)出版等に関する「枠組み協定」に合意する

2019年12月19日付で、オランダ大学協会(VSNU)・オランダ大学病院連合(NFU)・オランダ科学研究機構(NWO)とElsevier社が「枠組み協定(framework agreement)」に合意したことが発表されています。

合意された枠組み協定は、2020年1月1日から5月1日までの間、オランダ国内の研究者に対して、Elsevier社の全ての学術雑誌へのアクセスを認め、かつ同社の学術雑誌への研究成果のオープンアクセス(OA)出版を無制限に可能とする内容です。また、オープンサイエンスや研究情報分析支援のためツールやサービス開発のため、様々な試験的な試みが実施されます。

この枠組み協定にあたって、VSNU・NFU・NWO、及びElsevier社は、以下の4つの原則を相互に確認しています。

1. 相互運用性:ベンダーロックインを回避し、研究者や研究機関が自らツールを使用できること
2. 将来にわたる有効性:さまざまな設定や契約に柔軟に対応できるシステムであること
3. ベンダー・出版社に対する中立性:特定のベンダーに依存しないシステム開発が可能であること
4. 研究者や研究機関が自ら研究データを保有すること

ページ