貴重書

立命館大学アート・リサーチセンター(ARC)、凸版印刷株式会社との共同研究により「くずし字解読支援・指導システム」を開発

2019年5月13日、京都市の立命館大学アート・リサーチセンター(ARC)は凸版印刷株式会社との共同研究により開発し、4月から活用を開始した「くずし字解読支援・指導システム」の公開レクチャを報道各社向けに実施したと発表しています。

「くずし字解読支援・指導システム」は、ARCの古典籍閲覧システムおよび浮世絵閲覧システムに、公立はこだて未来大学の寺沢憲吾准教授の開発した「文書画像検索システム」と凸版印刷株式会社が開発した「ディープラーニングによるくずし字認識システム」を組み合わせ試験的に提供されている独自APIなどを利用することで実現したものです。

翻刻作業者の履歴、注釈、質問などの保存機能、AIによる難読文字の解読支援機能、AIによる判読不可の文字画像の蓄積・データベース化と連動した、熟練者によるウェブ上での翻刻支援機能などがあります。

このシステムは、「翻刻作業者の教育・育成」に主眼を置いた世界で初めて教育システムとしての実用化に成功し、大学の授業や生涯学習講座など、熟練者や教員などの指導者の下での学習が効果的なグループ学習型システムとして開発されています。

米国議会図書館、所蔵する中国の貴重書1,000点余りの画像をオンラインで公開:台湾国家図書館との協力事業によりデジタル化

2019年5月6日、米国議会図書館(LC)は、同館のアジア部が所蔵する中国の貴重書1,000点余りの画像をデジタルコレクション“Chinese Rare Book Digital Collection”においてオンライン公開したと発表しています。

公開された貴重書の大部分は明代・清代のものですが、宋代・元代のものも30点近く含まれているとあります。“Chinese Rare Book Digital Collection”のコレクション紹介ページの記載によれば、アジア部が所蔵する約5,300点の資料から計2,000点近くを公開する予定であり、今後資料の追加公開を行うとしています。

台湾国家図書館との協力事業によりデジタル化されたものであり、台湾国家図書館も2019年5月9日付けで今回の公開に関するプレスリリースを出しています。その中では、2005年から2012年にかけてLCと同館が協力して行ったデジタル化事業の成果であること、すでに同館の古典籍データベース「古籍與特藏文獻資源系統」でも収録・提供されていることが紹介されています。

島原市(長崎県)、松平文庫企画展「どうしてこんなに集めたの?~忠房公のコレクション~」を開催

長崎県島原市が、2019年5月14日から6月29日まで、島原図書館1階の肥前島原松平文庫展示室において松平文庫企画展「どうしてこんなに集めたの?~忠房公のコレクション~」を開催しています。

島原図書館内に設置されている、近世の大名文庫で長崎県指定有形文化財である「肥前島原松平文庫」の中心をなす松平忠房の蒐集品に焦点を当て、これだけのコレクションを集めた理由を紹介し、同文庫の歴史的価値を明らかにする展示です。

松平文庫企画展「どうしてこんなに集めたの?~忠房公のコレクション~」の開催について(島原市,2019/5/15)
https://www.city.shimabara.lg.jp/page5898.html

肥前島原松平文庫(島原図書館)
http://www.shimabara-city-libraries.jp/shimabara/shimabaralib_matsudaira/

豊橋市図書館(愛知県)、2019年6月1日に「とよはしアーカイブ」を公開:公開記念講演会及びシンポジウム「近代図書館の先駆け-羽田八幡宮文庫」を開催

愛知県の豊橋市図書館が、2019年6月1日に、デジタル化した和装本・絵図・地図・写真等を搭載した「とよはしアーカイブ」を公開すると発表しています。

公開を記念し、同館を会場に、6月2日と6月8日には講演会が、6月18日にはシンポジウム「近代図書館の先駆け-羽田八幡宮文庫」が開催されます。参加は無料ですが事前の申込が必要です(申込多数の場合は抽選)。

秋田大学附属図書館、「秋田大学貴重資料デジタルギャラリー」を公開

2019年5月14日、秋田大学附属図書館が、「秋田大学貴重資料デジタルギャラリー」を公開しました。

同館が所蔵する貴重資料「シェイクスピアコレクション」「冷泉為秀筆本詠歌一体」「伊勢物語闕疑抄」を高精細画像で閲覧することができます。

お知らせ(秋田大学附属図書館)
http://www.lib.akita-u.ac.jp/top/?q=ja/news
※「「秋田大学貴重資料デジタルギャラリー」を公開しました 2019/05/14(火) 08:30」とあります。

秋田大学貴重資料デジタルギャラリー
https://archive.keiyou.jp/akitaunivrare/

金沢工業大学の[世界を変えた書物]展が日本科学技術ジャーナリスト会議(JASTJ)の「科学ジャーナリスト大賞」を受賞

2019年4月25日、日本科学技術ジャーナリスト会議(JASTJ)は、4月14日に行った「科学ジャーナリスト賞」の選考委員会の選考結果を発表しました。「世界を変えた書物展」など金沢工業大学による自然科学書の稀覯本収集・展示活動が「科学ジャーナリスト大賞」に選ばれました。

5月28日に東京内幸町の日本プレスセンタービルにて授賞式が行われます。

科学ジャーナリスト賞の2019年度の贈呈作品決まる(JASTJ,2019/4/25)
https://jastj.jp/info/190425/

[世界を変えた書物]展が、展覧会として初めて、日本科学技術ジャーナリスト会議 科学ジャーナリスト大賞を受賞。授賞式は令和元年5月28日(火)に東京・日本プレスセンタービル10階ホールで(金沢工業大学,2019/4/25)
https://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2019/0425_grand_prize.html

日本古典籍くずし字データセット文字種(くずし字)一覧の個々の文字が元の古典籍画像上で確認できるように

2019年5月1日、人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)が、日本古典籍くずし字データセット文字種(くずし字)一覧の個々の文字を、元の古典籍画像上で確認できるようにしたことを発表しました。

一覧の個々の文字をクリックすると字形一覧ページに移動し、個々の字形の画像をクリックすると元の古典籍画像が表示され、当該文字の位置が青線(四角形)で示されるようになっています。

ニュース(CODH)
http://codh.rois.ac.jp/news/
※2019-05-01付けで「日本古典籍くずし字データセット 文字種(くずし字)一覧の個々の文字を、元の古典籍画像上で確認できるようにしました。」とあります。

日本古典籍くずし字データセット 文字種(くずし字)一覧(CODH)
http://codh.rois.ac.jp/char-shape/unicode/

慶應義塾大学メディアセンター(図書館)、デジタルコレクションでの新規コレクション公開(明治期浮世絵・国書・漢籍)とコンテンツ追加(対馬宗家文書・相良家文書・富士川文庫)を発表

2019年4月25日、慶應義塾大学メディアセンター(図書館)が、「慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション」での新規コレクション公開とコンテンツ追加を発表しました。

新規に公開されたコレクションは、「ボン浮世絵コレクション」(ボン教授が収集した明治期の浮世絵コレクション)、同大学が所蔵する「国書コレクション」(「つれづれぐさ」「歌合集」)及び漢籍コレクション(「蒙求聴塵」「六臣註文選」)の3コレクションです。「国書コレクション」「漢籍コレクション」では順次追加公開が行われる予定です。

また、新規コンテンツとして、「相良家文書」に「(関東下知状)〔尼妙蓮代相良頼氏・相良頼重所領相論〕」など105点、「対馬宗家文書」に記録類のうち「公義被仰上」に分類されている38冊、「富士川文庫」に「黄帝内経」「傷寒論」など医学関連漢籍を含む332冊が追加されています。

「デジタルコレクション」に新規コレクション、コンテンツを追加しました。(慶應義塾大学メディアセンター(図書館),2019/4/25)
http://www.lib.keio.ac.jp/jp/info/index.php#635

県立広島大学宮島学センター、開所10周年を記念し「宮島学センターデジタルアーカイブサイト」を開設

2019年4月25日、県立広島大学宮島学センターは、開所10周年を記念して「宮島学センターデジタルアーカイブサイト」を開設したことを発表しました。

同センターの所蔵資料のうち、約300点の高精細画像が「古文書」「絵図」「絵はがき」「その他」のカテゴリーのもと公開されています。古文書には解読補助のために翻刻を表示する機能が設けられているほか、主な絵画資料には解説が付されています。

解説等については、教員及び学生の研究成果を活かして今後さらなる充実を図るとしています。

宮島学センターデジタルアーカイブサイトを開設しました(県立広島大学, 2019/4/25)
http://www.pu-hiroshima.ac.jp/soshiki/miyajima/archive-1.html

宮島学センター デジタルアーカイブサイト
http://mjp.pu-hiroshima.ac.jp/mjarchive/

神戸大学附属図書館、デジタルアーカイブ「住田文庫」に本文画像を追加

2019年4月22日、神戸大学附属図書館が、デジタルアーカイブ「住田文庫」に本文画像313点を追加したと発表しました。

住田文庫は、海運研究学者・住田正一氏から寄贈を受けた、主に海事関係や地誌関係の和漢書約6,500点です。

今回公開されたものは、国文学研究資料館が撮影した画像の提供を受けたもので、これまでデジタルアーカイブ「住田文庫」のメタデータから国文学研究資料館「近代書誌・近代画像データベース」で公開されていた画像へリンクを貼っていた資料が、デジタルアーカイブ「住田文庫」から直接ダウンロードすることも可能となりました。

住田文庫の画像を追加しました(313点)(神戸大学附属図書館,2019/4/22)
https://lib.kobe-u.ac.jp/libraries/12885/

デジタルアーカイブ「住田文庫」
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/sumida/

ページ