貴重書

野上記念法政大学能楽研究所、「伊達家旧蔵能楽資料デジタルアーカイブ」を公開

2019年4月19日、東京都千代田区の野上記念法政大学能楽研究所が、「伊達家旧蔵能楽資料デジタルアーカイブ」の公開を発表しました。

同研究所および法政大学鴻山文庫所蔵の貴重資料のうち、東北の大名・伊達家に伝来した能楽資料を画像で公開しています。「謡本」「伝書」「付」「史料」「狂言」の分類から閲覧することが可能です。

野上記念法政大学能楽研究所 新着情報
https://nohken.ws.hosei.ac.jp/library/index.html
※2019年4月19日欄に「伊達家旧蔵能楽資料デジタルアーカイブを公開しました。」とあります。

デジタルアーカイブ(野上記念法政大学能楽研究所)
https://nohken.ws.hosei.ac.jp/archives/index.html
※「伊達家旧蔵能楽資料デジタルアーカイブ」の説明があります。

東京大学農学生命科学図書館、「農学生命科学図書館デジタルアーカイブ」を公開

2019年4月18日、東京大学農学生命科学図書館の「農学生命科学図書館デジタルアーカイブ」の公開が発表されています。

同アーカイブで今回公開されたのは、鎌倉末期に成った国産の牛を図説する「国牛十図」、1922年の東大駒場キャンパスの構内「東京帝国大学農学部建物位置図」、1937年の東大本郷キャンパスの構内図「東京帝国大学本部構内及農学部建物鳥瞰図」の3点です。

クリエイティブコモンズライセンスのCC BY相当の条件で公開されており、IIIFに準拠した画像となっています。

農学生命科学図書館デジタルアーカイブを公開しました(東京大学農学生命科学図書館,2019/4)
https://www.lib.a.u-tokyo.ac.jp/html/news/2019/20190418_digitalarchive.html

韓国国立中央図書館(NLK)、公共図書館所蔵の貴重資料・郷土資料のデジタル化支援事業の2019年度の募集開始

2019年4月8日、韓国国立中央図書館(NLK)が、公共図書館所蔵の貴重資料・郷土資料のデジタル化支援事業の2019年度の募集を開始すると発表しました。2018年度に続き2度目の募集です。応募期間は5月10日までです。

NLKでは、同事業を通じた「コリアンメモリー 地域文化遺産デジタルアーカイブ」の構築を目指しています。

文化遺産の保存・伝承・活用及び全国の図書館間の協力体制構築を目的とした事業であり、郷土資料・貴重資料約1万点を選定し、スキャニング・目次作成・PDFへの変換といったデジタル化の全工程を支援するとともに、デジタルデータを応募機関に提供します。また、選定された館と参加希望機関で構成される協議体では、地域のデジタルアーカイブ構築とデジタル化支援協力方案についての議論が行われます。

2018年度は公共図書館15館が参加し、各地の独立運動や植民地期の発行資料、邑誌・郷土誌といった地域資料6,900点のデジタル化が実施されており、NLKでは、来月から検索サービスを提供する予定です。

米国議会図書館(LC)、同館のペルシャ語写本コレクションをデジタル化し公開

2019年4月1日、米国議会図書館(LC)は、同館のペルシャ語写本コレクションをデジタル化し公開したと発表しています。

同コレクションには、13世紀にさかのぼる150点の写本があり、ペルシャ語を話す地域であるイラン・アフガニスタン・タジキスタンに加え、インド・中央アジア・コーカサス・オスマン帝国の支配地域に由来する資料が含まれています。

今後、写本に加え、ペルシャ語のリトグラフコレクションにも拡大する予定ですが、これら写本やリトグラフは1930年代にイスラム美術・中東美術の有名なディーラー・Kirkor Minassianによって同館のために調達されたものです。

1,000 Years of Literary Tradition in Rare Persian-Language Manuscripts Now Online at Library of Congress (LC,2019/4/1)
https://www.loc.gov/item/prn-19-036/

「同志社大学・京都府立図書館共同事業/京都府立図書館貴重書コレクション」がADEACで公開

2019年3月29日、「同志社大学・京都府立図書館共同事業/京都府立図書館貴重書コレクション」が歴史資料検索閲覧システム“ADEAC”で公開されました。

明治期から戦後期(第二次世界大戦後の日本占領下の時期)に、主に外国人を対象として作成された書物を、同志社大学及び京都府立図書館所蔵資料を中心としてデジタル化するものであり、2019年4月1日時点では、「京都府立図書館所蔵日本観光資料」28点が公開されています。

ADEAC:デジタルアーカイブシステム 新着情報
https://trc-adeac.trc.co.jp/
※ 「2019.3.29 『同志社大学・京都府立図書館共同事業/京都府立図書館貴重書コレクション』を公開しました」とあります。

同志社大学・京都府立図書館共同事業/京都府立図書館貴重書コレクション
https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11C0/WJJS02U/2673055100

『国立国会図書館月報』696号刊行:憲政資料のデジタル化を特集

このほど刊行しました『国立国会図書館月報』696号(2019年4月)では、憲政資料のデジタル化が特集されており、国際日本文化研究センター教授の瀧井一博氏による「「伊藤博文関係文書」のデジタル化に寄せて―『伊藤博文秘録』講読のころ」に加えて、「伊藤博文関係文書の世界」「勝海舟の旧蔵資料紹介―新規公開のデジタル画像から―」が掲載されています。

『国立国会図書館月報』 696号(2019年4月) [PDF:5.6MB]
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_11253758_po_geppo1904.pdf?contentNo=1

国立国会図書館月報
https://www.ndl.go.jp/jp/publication/geppo/index.html

大阪府立中之島図書館、大阪府北部を震源とする地震により利用停止となっていたすべての資料の利用を再開

2019年4月1日、大阪府立中之島図書館が、補修工事が完了したことにより、大阪府北部を震源とする地震により利用停止となっていたすべての資料の利用を再開したと発表しています。

大阪北部地震にともなう書庫内資料の利用停止について<利用を再開しました>(大阪府立中之島図書館,2019/4/1)
http://www.library.pref.osaka.jp/site/osaka/info-riyostop2018.html

参考:
大阪府立中之島図書館、大阪府北部を震源とする地震により利用停止となっていた資料のうち一部の閲覧を再開
Posted 2018年12月12日
http://current.ndl.go.jp/node/37207

「陽明文庫デジタルアーカイブ」が試験公開

「陽明文庫デジタルアーカイブ」が試験公開されています。

学研究費補助金(基盤研究(S))「日本目録学の基盤確立と古典学研究支援ツールの拡充-天皇家・公家文庫を中心に-」(研究代表者 東京大学史料編纂所教授田島公氏)及び、科学研究費補助金(基盤研究(A))「摂関家伝来史料群の研究資源化と伝統的公家文化の総合的研究」(研究代表者 東京大学史料編纂所教授尾上陽介氏)の協賛により作成された、陽明文庫所蔵一般文書目録記載資料の画像データの一部を公開したものです。

データは一定の集まり毎にZIPアーカイブとPDFデータの形式で提供されています。

写真掲載については電話での問い合わせが必要で、高精細なデータについては有償での提供です。

陽明文庫デジタルアーカイブ試験公開(陽明文庫)
http://ymbk.sakura.ne.jp/index.htm#recent

大阪府立中之島図書館、「おおさかeコレクション」の「中之島図書館貴重書」収録のデジタル画像をカラーに一新したことを発表

2019年3月28日、大阪府立中之島図書館は、「おおさかeコレクション」の「中之島図書館貴重書」収録のデジタル画像をカラーに一新したことを発表しています。

お知らせ(大阪府立中之島図書館)
https://www.library.pref.osaka.jp/site/nakato/index-2.html
※2019年3月28日付けのお知らせに「「おおさかeコレクション」の「中之島図書館貴重書」のデジタル画像をカラーに一新しました」とあります。

おおさかeコレクション(大阪府立図書館)
https://www.library.pref.osaka.jp/site/oec/

京都大学図書館機構、貴重資料コレクション「中井家絵図・書類 儀式之部」に含まれる天皇の即位に関する絵図4点を京都大学貴重資料デジタルアーカイブで公開

2019年3月29日、京都大学図書館機構は、所蔵する貴重資料コレクション「中井家絵図・書類 儀式之部」に含まれる天皇の即位に関する絵図4点を京都大学貴重資料デジタルアーカイブで公開したと発表しています。

「中井家絵図・書類」は、江戸幕府京都大工頭の中井家に伝えられた資料群で、江戸時代の桜町天皇(在位1735年から1747年)、後桜町天皇(在位1762年から1771年)の即位に関する絵図が公開されました。

今回の資料のデジタル化・公開は、「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ基金」への寄付金により実施されました。

天皇即位の儀式が色鮮やかに描かれた「中井家絵図・書類」をデジタル化・公開しました(京都大学図書館機構,2019/3/29)
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1381607

ページ