地図

日立・リコーほか、著作物の複写利用管理システムを開発(日本)

日立製作所、日立システム九州、リコー、ゼンリンの4社が共同で、著作物の複写利用状況を世界最小クラスの無線タグ「ミューチップ」を用いて管理する「著作物の複写利用管理システム」を開発したと発表されています。今後、ミューチップを貼り付けたゼンリン住宅地図を利用して複写状況…

サウスカロライナ州のバーチャルライブラリー、リニューアル

米国サウスカロライナ州のバーチャルライブラリー“DISCUS”がリニューアルされています(試験公開中)。タグクラウドなどのWeb2.0機能を取り込んでいるほか、音声ガイドなどもついており、わかりやすいものになっています。なお、DISCUSは、サウスカロライナの公共、学校、大学図書館が共同…

ワシントンDC公共図書館の分館火災で、歴史的資料が多く被災

2007年4月30日、ワシントンDC公共図書館のジョージタウン分館が火災の被害を受けました。同図書館はジョージタウン地域の新聞、地図、土地の権原の変遷を記した台帳など、歴史的記録を多く所蔵していましたが、Library Journal(Web版)の記事によると、多くの資料が被災したようです。ワシント…

フィリピンの図書館員ブログ“Filipino Librarian”、2周年

フィリピンの図書館や図書館員の事情を伝えているブログ“Filipino Librarian”が、2周年を向かえたのを期に、アクセス数等の統計情報についてポストしています。ClustrMapのサービスを使い、世界のどのような地域からアクセスされているのかの地図を掲載しています。北米、ヨーロッパなどから多…

カナダの政府情報専門の検索エンジン

カールトン大学図書館(カナダ・オタワ)の政府刊行物情報司書を務めるシャープ(David Sharp)氏が、Google custom serach engineを利用してカナダの政府情報に関する検索エンジンを作成し、カールトン大学地図、データ、政府情報センター図書館(Maps, Data, Government Information Centre: Carleton University Library…

CSA社、論文中の図、表、グラフなどを検索できるサービスを開始

学術文献データベース“CSA Illumina”を提供している、Cambridge Information Group傘下のCSAが、これまでは検索できなかった論文中の図、表、グラフ、地図などを検索できるようにしたサービス“CSA Illustrata”を開始すると発表しています。まずは、自然科学分野の665以上の雑誌に掲載されている100万以…

オリジナルの画像を“Google Map”のように使ってみよう!

オリジナルイメージを読み込ませ、“Google Map”風に利用できるようにするサイト“maplib.net”(ベータ版)が公開されています。地図のほかにも、建物の平面図をレイヤーに重ねて、ピンや吹き出しを設定できるようです。Maplib.nethttp://www.maplib.net/index.php建物の平面図を重ねた例http://www.maplib.net/ma

ILLの貸出館・借受館をGoogle Mapで表現すると...(米国)

米国イリノイ州のILLシステムの担当者が、CommunityWalkという無料地図作成サービスを用いて、受け付けたILLリクエストの貸出館・借受館をそれぞれGoogle Map上に表現する試みを行っています。ILL Sent January 07 - CommunityWalkhttp://www.communitywalk.com/map/41991ILL Received January 07 - CommunityWalkhttp://www.communitywalk.com/ma

LCのウェブサイト、RSSのフィードを開始

米国議会図書館(LC)が、ニュース等の情報のRSSフィードを開始しました。LCのウェブサイトは、1994年に始まり、今や186テラバイト、2,200万のデジタルコンテンツを利用できるようになっています。この中には、アメリカ史から科学技術、大衆文化にいたる、写真、地図、音楽、映画、書籍、…

Ask.com、『AskCity』の提供を開始

自然語検索で知られる検索エンジンAskJeevesは、今年2月にブランド名を『Ask.com』としてリニューアルしました。この『Ask.com』で、AskCityというサービスの提供が開始されています。チケットやレストランの予約サイトなどのデータを統合して、1つのインターフェースから検索できるようにしてい…

ページ