情報リテラシー

E210 - ビル・ゲイツの図書館プロジェクトとその成果 <文献紹介>

米マイクロソフト社のビル・ゲイツ(Bill Gates)氏は図書館の頼もしい支援者である。彼はビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団を通じ,1998年から2003年までに,約1億8千万ドルを投じて全米の公共図書館にコンピュータとインターネットを導入し,図書館員を対象にコンピュータの研修を実施するプ…

E170 - 成人のリテラシー教育と図書館・文書館・博物館(英国)

それによると,調査に回答した図書館・文書館・博物館のうち,84%が基礎的能力に問題を抱える成人へのサービスを実施しており,68%が関連団体と連携を図っている。また,78%が情報技術を活用してそれら成人の利用環境を改善している。図書館・文書館・博物館を対象とした基本調査は初…

情報リテラシー強化に向けたIFLA/UNESCOレポート

IFLAが、UNESCO等と共催した11月の"High-Level Colloquium on Information Literacy and Lifelong Learning"の最終レポートが出ています。情報リテラシー強化に向けた提言などが盛り込まれています。Information Literacy for allhttp://www.ifla.org/III/wsis/info-lit-for-all.htm

国際情報リテラシー情報源ディレクトリ

IFLAの情報リテラシー部会は、UNESCOとの協同で、世界中の情報リテラシーに関する情報源を集めたディレクトリを作成し、公開しました。International Information Literacy Resources Directoryhttp://www.uv.mx/usbi%5Fver/unesco/

IFLA、情報リテラシー&生涯学習に関する声明

IFLAは、UNESCOと共催したフォーラムで、情報リテラシーと生涯学習への支援強化を求める声明を発表しました。The Alexandria Proclamation on Information Literacy and Lifelong Learninghttp://www.ifla.org/III/wsis/BeaconInfSoc.html

CARLの情報リテラシーポータル

カナダ研究図書館協会が、情報リテラシーについてのポータルサイトを立ち上げました。CARL Information Literacy Portalhttp://www.carl-abrc.ca/projects/information_literacy/information_literacy-e.html

中国図書館学会、2005年大会を開催

分科会は8つ。人文分野の中の図書館学、図書館の権利、情報リテラシー教育と読書の指導、図書館情報資源の作成方式とルール、文献情報の記述・組織の進展と展望、レファレンスサービスとその管理、図書館建設と人文への配慮、専門図書館の改革・発展とサービスの深化。著作権についても…

ページ