政府情報

CA1211 - HMSO民営化のその後 / 飛田由美

1996年10月,HMSO(Her Majesty's Stationery Office:英国印刷庁)は200年以上の歴史にピリオドを打ち,The Stationery Office Ltdという民間企業に生まれ変わった。このことはイギリスで最も巨大な,最も多様な情報を出版する企業が創り出されたということを意味する。民営化されてから2年近く経つわけだ…

CA1164 - インターネットによるカナダ政府情報の提供−カナダ国立図書館から見た課題− / 山岡公一

国立図書館などの政府機関が,インターネットを通じて人々に政府情報へのアクセスを保障しようとするとき,どんな課題に直面するのだろうか。カナダ国立図書館のナンシー・ブローディ(Nancy Brodie)は,National Library News誌において,インターネットによりカナダ政府情報を提供する際の課題…

CA1149 - GPOの電子情報と寄託図書館 / 後藤悦子

米国には「連邦政府資料寄託図書館(Federal Depository Library)」とよばれる制度があり,全米で約1,400の公立,大学,州立,専門図書館が寄託図書館に指定され,政府印刷局(Government Printing Office:GPO)から政府刊行物を無償で送付されている。これは,全米の市民が政府情報へ無料でアクセスできる…

CA1074 - HMSOに民営化の動き / 飛田由美

イギリス政府刊行物の出版システムは,過去30年間比較的安定していた。HMSO(Her Majesty's Stationery Office:英国印刷庁)は議会・政府資料の最大の出版者であり,最大の売手である。しかし近年,政府機関から直接出版されるnon-HMSOと言われる資料が政府機関の数が増えるのと共に増加し,現在で…

CA1044 - 危機に瀕する政府情報 / 内海和美

ホダスキーは20年間アメリカ連邦議会印刷合同委員会(Joint Committee on Printing:以下JCP)のスタッフとして勤務し,アメリカの政府情報政策及びその実施に多大な影響力を与えてきた人物である。その彼女が,1995年1月,JCPを退職することを余儀なくされた。その背景には,連邦議会や印刷・出版業…

CA955 - GPO電子情報アクセス強化法が成立:政府電子情報の提供に向けて一歩 / 田中智子

102議会(1991-1992)に,連邦政府の電子情報に対する一般公衆からのアクセスを拡大する目的で提出された,いわゆるWINDO/Gateway 法案(H.R.2772及びS.2813)は,共和党を中心とした反対によって廃案となり,内容を大幅に改変して提出された法案(H.R.5983)も,会期切れで成立には至らなかった。その…

E298 - GPOのデジタル化戦略とFDLPの危機

一方で,こうしたデジタル環境への急激な転身に対して警鐘を鳴らす動きもある。米国法律図書館協会(AALL)は1月26日,GPOが2006会計年予算案の中で連邦政府刊行物寄託図書館制度(FDLP)の縮小を企図しているとして緊急声明を発表した。それによると,GPOは10月からFDLPへの印刷体の配布物を50…

CA863 - 米国連邦政府電子情報への公共アクセスの動き / 富田美樹子

米国議会で,2つの法案(HR2772,S2813)に関する合同公聴会が開かれた('92. 7. 23)。これはGPO(政府印刷局)がGateway/WINDOと呼ばれるサービスを通して,連邦政府に存在する電子情報に対する公共アクセスを,電話回線やコンピュータ・ネットワークを通して,安価に簡便に提供しようというも…

E248 - 政府情報の機密化に関する報告書(米国)

また,9月14日には,政府改革委員会の委員を務める民主党のワックスマン(Henry A. Waxman)下院議員が,「開かれた政府」を目指す法や取り組みをブッシュ政権が履行しているかを検証する報告書を発表している。ここでも,市民や議会に対して政府情報へのアクセス制限が急増しているとして,…

E242 - 政府情報のオンライン提供に向け検討進む(米国)

また,ICGIの政府情報分類(Categorization of Government Information:CGI)ワーキンググループは,政府情報を入手するためのネットワークシステムの相互運用性を高めるため,情報検索の国際標準規格ISO23950(Z39.50)を採用するよう米国連邦政府に求める勧告案を作成した。この勧告案は,行政管理予算局…

ページ