文献提供サービス

CA1247 - ILL提供不能の理由 / 増田利恵

英国では,1995年までの10年間で,相互貸借(ILL:ドキュメントサプライも含む)が約17%増える一方,提供不能となるものは約25%も増え,1995/96年には91,000件に上る。そして,提供不能なリクエストによる損失は,地域図書館システムで年間50万ポンドを超えると見積もられる。英国のILLシステム…

CA1227 - SUBITO−ドイツのドキュメント・デリバリーサービス− / 山岡規雄

1997年11月,ドイツの新しい文献提供サービスであるSUBITOのパイロットプロジェクトが開始された。SUBITOとは,自宅や職場に居ながらにして,必要な文献をインターネットを通して注文し,手元のパソコンに電子的なテキストとして受け取ることを可能とするシステムであり,ドイツにおける学術…

CA1201 - 著作権使用料を伴う複写サービス(国立国会図書館) / 神繁司

1997年12月1日から,当館の電子メディア室では,洋雑誌本文及び索引等のCD-ROM版からのプリントアウト(複写)サービスを開始した(注)。このうち,本文のプリントアウトサービスでは,申込者は,1枚(原文の1ページ相当)あたり15円の著作権使用料等を複写料金に加えて支払うことになる。…

CA1173 - 相互貸借サービスのコスト−誰がどのくらい負担するか− / 立松真希子

近年,図書館サービスへの課金の問題が様々に議論されている(CA805参照)。最近ではとりわけオンラインデータベース検索サービスと相互貸借(ILL)サービスの2つに焦点が絞られる。「無料サービス」を伝統としてきたアメリカの公共の図書館においては,有料サービスの是非もさることなが…

CA1117 - NYPLエクスプレス−アメリカの公共図書館有料サービスの一例として− / 阪脇孝子

ニューヨーク公共図書館(NYPL)は,その名称に‘Public’とあっても,公立の施設ではない。その運営には,ニューヨーク州,ニューヨーク市からの拠出も受けているが,そればかりではなく,企業,財団,個人からの寄付にも依存している,民間の独立した非営利団体であり,4館のResearch Librarie…

CA1103 - 収集とインフレーション / 山地康志

雑誌の値上がりは,それを担当する図書館員にとって頭痛の種である。なぜ価格はそんなに上がっていくのか,それに対して対処可能な解はあるのか。ハートマンは学術図書館に焦点を絞って,図書館資料における価格上昇の問題について論じた文献をレビューしている。その中から,雑誌に関…

CA1077 - 商業ドキュメントデリバリーサービスと大学図書館 / 飯倉忍

近年,雑誌の購入価格は高騰を続けているのに対して,図書館の資料費は伸び悩み,結果として研究者が必要とする雑誌の購入が次第に困難になってきている。そのため資料費の高騰についていけない図書館では,より優れた図書館間貸出し(ILL)サービスやドキュメントデリバリーサービスへ…

E435 - 国家図書館(台湾),遠隔サービスサイトをリニューアル

2005年12月,国家図書館(台湾)の「遠距図書服務系統」がリニューアルされた。「遠距図書服務系統」は同館の遠隔サービスサイトである。学術雑誌,政府情報,現代文学に関する合計7つのデータベースを横断検索することができる。会員登録しポイントを購入すると,データベースの検索可能…

E426 - NDL,『デジタル環境下におけるILL,ドキュメント・デリバリーとその運用基盤』を刊行

国立国会図書館は,『デジタル環境下におけるILL,ドキュメント・デリバリーとその運用基盤』(図書館研究シリーズNo.38)を社団法人日本図書館協会から刊行するとともに,12月20日,ホームページに全文を掲載した。 本書は,デジタル環境の進行に伴い,ILLやドキュメント・デリバリー・サ…

E418 - 韓国−中国間の学術情報共有体制

11月23日,韓国教育学術情報院(KERIS;CA1296参照)と中国高等教育文献保障システム(CALIS;CA1443参照)との間で,双方の学術情報資源の共同利用に関する覚書が取り交わされた。今後数年の間に,総合目録,ドキュメント・デリバリー,OAI-PMHプロトコルを用いた学位論文の相互利用サービスの3領…

ページ