認知症患者の記憶を呼び起こす英BBCのアーカイブ“RemArc(Reminiscence Archive)”

英BBCの2016年6月1日付けの記事で、BBCのアーカイブ“RemArc(Reminiscence Archive)”が、大学の研究者の助言のもと、認知症患者の記憶を呼び起こすのに役立っていることが報じられています。

このアーカイブは、BBCの所蔵資料をトリガーとして認知症患者の記憶を呼び起こすよう設計されています。1940年から1980年までの写真、音楽、オーラルヒストリー、映画など1,500点以上が収録されています。

BBCは関連ソフトをオープンソース化しており、世界中のアーカイブズや博物館が自館の資料を利用して類似のサービスを提供することができるようになっています。

BBC archive aid to trigger dementia patients' memories(BBC, 2016/6/1)
http://www.bbc.com/news/uk-scotland-tayside-central-36424943

RemArc(BBC)
http://www.bbc.co.uk/taster/projects/remarc

参考:
E1669 - 高齢社会における図書館について考えるシンポジウム<報告>
カレントアウェアネス-E No.280 2015.04.23
http://current.ndl.go.jp/e1669

千葉県立西部図書館、「回想法について調べる」のパスファインダーをウェブサイトに掲載
Posted 2016年3月31日
http://current.ndl.go.jp/node/31196

【イベント】2016にいがた地域映像アーカイブin東京「デジタル映像アーカイブ研究の現在」 (2/28・東京)
Posted 2016年2月16日
http://current.ndl.go.jp/node/30743