荒尾市(熊本県)、株式会社紀伊國屋書店・荒尾シティプラン株式会社と「荒尾市立図書館の質の向上とあらおシティモールの活性化に関する協定」を締結

2020年11月17日、熊本県の荒尾市が、株式会社紀伊國屋書店・荒尾シティプラン株式会社と「荒尾市立図書館の質の向上とあらおシティモールの活性化に関する協定」を締結したと発表しています。

報道等によると、紀伊國屋書店が、2022年春にあらおシティモール内に移転開館する同館の指定管理者となり、紙資料に加え、さまざまなデータベースや電子コンテンツを取りそろえるほか、学校教育・社会教育で連携し学習支援につなげていくとのことです。

荒尾市立図書館の質の向上とあらおシティモールの活性化に関する協定を締結しました(荒尾市,2020/11/17)
https://www.city.arao.lg.jp/q/aview/161/17754.html

市立図書館を初の「デジタルライブラリー」に 熊本・荒尾市と紀伊国屋書店が構想(毎日新聞,2020/11/12)
https://mainichi.jp/articles/20201112/k00/00m/040/142000c

参考:
CA1576 - ショッピングセンターと公共図書館 / 鈴木均
カレントアウェアネス No.286 2005.12.20
https://current.ndl.go.jp/ca1576