大学図書館

京都外大図書館、OPACを国別に検索する仕組みを構築

京都外国語大学図書館が、日本の国連加盟50周年を記念して、蔵書(和書)を国別で検索できる「世界の言語と国際地域研究」を公開しています。これは、世界192カ国(地域)の国毎に、または主題毎にOPACを検索できるようにしたもので、2001年から取り組んでいたプロジェクトを完成させたとい…

Highwire Press、OA論文が150万件に

Resourceshelfによると、米スタンフォード大学図書館が運営する電子ジャーナルサービスHighwire Pressで、オープンアクセスの論文が150万件を超えたそうです。Highwire Pressは現在、約1000のジャーナルをホストし、約400万件の論文を提供しています。Milestones: Stanford’s HighWire Press Passes 1.5 Million Free Full Text…

相続税の代わりに「お宝」を公共に(英国)

英国では、相続税を納める代わりに、重要な文化遺産の所有権を放棄し公共の持ち物とする“Acceptance in Lieu”というスキーマがあります。これによって重要な文化遺産の散逸を防ぎ、図書館や博物館など、公共施設のコレクションを充実させるというものですが、このスキーマの2005/2006会計年度…

電子ブックが大学図書館にあまり広まらない理由は?(英国)

Information World Review誌に、英国の大学図書館で電子ブックがあまり広まっていない理由について、何人かの大学図書館員にインタビューした短い記事が掲載されています。授業で使うテキストが電子ブックになっていない、電子ブックになっているのは(今の学問から見ると)古いものばかりであ…

平成18年度大学図書館職員講習会の資料

国立情報学研究所(NII)が実施している、大学図書館中堅職員向けの「大学図書館職員講習会」の平成18年度分の資料が、NIIのウェブサイトで公開されています。大学図書館職員講習会 カリキュラム及びテキスト 平成18年度 - 国立情報学研究所http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/librarian/h18/index.html

日本の図書館統計・2006

日本図書館協会(JLA)が、冊子で刊行する『日本の図書館 統計と名簿』の刊行前速報版として、日本の公共図書館、大学図書館の統計(2006年版)を発表しています。日本の図書館統計http://www.jla.or.jp/statistics/index.html

平成18年度公立大学協会図書館協議会研修会の記録

公立大学協会図書館協議会のウェブサイトで、「大学図書館職員パワーアップ!」をテーマとして、2006年7月に開催された「平成18年度公立大学協会図書館協議会研修会」の記録が公開されています。(公立大学協会図書館協議会)会議録・実態調査(「平成18年度 第32回研修会」に、…

J-STAGEの利用統計、COUNTERに準拠(日本)

科学技術振興機構(JST)の科学技術情報発信・流通総合システム「J-STAGE」から、各購読機関に提供される利用統計レポートが、2006年12月、COUNTERに正式に準拠しました。図書館等へのCOUNTER準拠の利用統計提供サービス - J-STAGEhttp://info.jstage.jst.go.jp/library/counter/index.htmlRegisters of Vendors - COUNTERhttp://www.…

米国の州立図書館機構統計・2005会計年度版

全米教育統計センター(NCES)が、2005会計年度の州立図書館機構(State Library Agencies)統計を発表しています。State Library Agencies: Fiscal Year 2005 - NCEShttp://nces.ed.gov/pubsearch/pubsinfo.asp?pubid=2007300参考:E579 (No.96) - 統計で見る米国の大学図書館・公共図書館http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=596

New York Times紙が選ぶLibrarian Award 2006

米New York Times紙が選ぶ“Librarian Award”の2006年度の受賞者として、全米の公共図書館から21名、大学図書館から3名が受賞者に選ばれました。受賞者には賞金2,500ドル(約29万円)と記念の盾が贈られます。New York Times Librarian Awards Announced; Academic Librarians Included - Library Journalhttp://www.libraryjournal.com/article

ページ