ラーニングコモンズ

千葉大学アカデミック・リンク・センターの建物の愛称が決定

2011年5月から6月にかけて千葉大学アカデミック・リンク・センターが募集していた、図書館の建物の愛称が決定したようです。愛称は、「現附属図書館棟」をL棟(Learning)、「現附属図書館(工事中)棟」をK棟(Knowledge)、「新築A棟」をI棟(Investigation)、「新築B棟」をN棟(Network)とし、4棟をあわせるとLINKになるとのことです。

名前、いただきました。 ~決定! アカデミック・リンク・センター 建物愛称~ (千葉大学アカデミック・リンク・センター 2011/7/15付けの記事)
http://alc.chiba-u.jp/events/alc_nickname.html

参考:
千葉大学アカデミック・リンク・センター、図書館の建物の愛称を募集中
http://current.ndl.go.jp/node/18275

2011年4月にオープンした立命館大学図書館のラーニングコモンズ「ぴあら」

立命館大学の学園通信“RS WEB”に掲載された「図書館大解剖」という記事で、2011年4月にオープンした同大学図書館のラーニングコモンズ「ぴあら」が特集されています。多くの写真を使って、ぴあらの概要・使い方、学生スタッフの声、ぴあらのロゴや空間デザインを担当した学生のインタビューなどが紹介されています。

図書館大解剖(立命館大学 2011/6/21付け)
http://www.ritsumei.ac.jp/rs/category/tokushu/110621/index.html

ぴあら:Peer Learning Room
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/mr/lib/plr/index.html

RS WEB
http://www.ritsumei.ac.jp/rs/

千葉大学アカデミック・リンク・センター、図書館の建物の愛称を募集中

千葉大学アカデミック・リンク・センターが、「現附属図書館棟」、「現附属図書館(工事中)棟」、「新築A棟」、「新築B棟」という4棟の建物の愛称を募集しているそうです。これらの建物は、千葉大学がスタートした「アカデミック・リンク」という教育・学習のための新しいコンセプトの拠点となる場所で、構成図にあるように、それぞれ、静かに勉強できるスペースや、グループワークのための場所といった機能を持っているとのことです。応募締切は2011年6月10日までで、応募資格は千葉大学の学生・教職員に限られるそうです。

名前をください。 建物 愛称 募集中!(千葉大学アカデミック・リンク・センター 2011/5/18付けニュース)
http://alc.chiba-u.jp/events/alc_nickname.html

建物の構成図(千葉大学アカデミック・リンク・センター)
http://alc.chiba-u.jp/events/img/al_name_img.jpg

EDUCAUSE、「ラーニングコモンズについて知っておくべき7つの事柄」を公開

2011年4月11日、米国のNPO・EDUCAUSEが、「ラーニングコモンズについて知っておくべき7つの事柄」と題したレポートを公開しました。レポートでは、ラーニングコモンズとは何か、どう機能するか、重要さと欠点、今後の動向、教育や学習にどのように関わってくるか等が7項目に分けて説明されています。

7 Things You Should Know About the Modern Learning Commons
(PDF版)
http://www.educause.edu/ir/library/pdf/ELI7071.pdf
(EPUB版)
http://www.educause.edu/ir/library/epub/ELI7071.epub

カナダ・カルガリー大学、2億ドルの図書館“Taylor Family Digital Library”を建設

カナダ・カルガリー大学が、4年の歳月と2億ドルをかけて、利用者スペース中心の図書館“Taylor Family Digital Library”を建設したようです。6階建ての建物のうちの2つのフロアを占める、カフェやオーディオルームを備えた大規模なラーニング・コモンズが既に開館しており、金曜を除く平日は24時間利用可能とのことです。数か月のうちに残りのフロアも開館する予定のようです。

U of C's digital library opens(CBC News 2011/1/11付けの記事)
http://www.cbc.ca/canada/calgary/story/2011/01/11/calgary-university-new-library-opens.html

Taylor Family Digital Library(カルガリー大学)
http://tfdl.ucalgary.ca/

デンバー大学図書館、電子書籍と学生用スペースを重視した改修へ(米国)

Deverpost.comの記事で、米国のデンバー大学の図書館で予定されている改修について紹介されています。紙の本の多くを書庫に移し、学生用スペースを拡大するというもので、背景として、電子書籍と、学生の学習スタイルの変化が挙げられています。2000年から2004年の間に購入された12万6953冊のうち40パーセント近くは一度も使用されなかったとのことで、電子書籍にした場合には、利用希望のあるものだけを購入することができるとしてます。収集担当者は、利用があるかどうか分からない資料を推量で揃えるのではなく、本当に必要なものだけを提供でき、コストが削減できるとの利点をあげています。また、大学の教員がチームで協同するという課題を学生に出すことが多くなったことから、グループでの利用ができるスペースを増やす必要があるとのことです。

DU library turning page to digital age(2010/10/29付けDenverpost.comの記事)
http://www.denverpost.com/news/ci_16463538

Academic Libraries: University of Denver: "Turning Page to Digital Age"(2010/10/29付けResourceshelfの記事)

オランダのデザイン賞を受賞したアムステルダム大学図書館の写真

オランダの2010年のデザイン賞を受賞した、アムステルダム大学の図書館の館内の写真が、Co.designというブログで紹介されています。資料は全て書庫に移して開架の書架をなくし、空いたスペースは、様々なデザインの机や椅子が置かれた学習用スペースとなっているようです。オンラインで申し込んだ紙の資料は、搬送用の赤いケースが縦横に並ぶ「レッドルーム」と呼ばれる部屋で受け取るようになっているとのことです。

A Library Designed for the Post-Print Era(2010/10/26付けCo.designの記事)
http://www.fastcodesign.com/1662561/a-library-designed-for-the-post-print-era

Ontwerp vernieuwde UB wint Dutch Design Award 2010(アムステルダム大学のページ。オランダ語)
http://www.uba.uva.nl/actueel/nieuws.cfm/4C4DB142-321E-47C9-95F5996AEC03C8B6

BIBLIOTHEEK UNIVERSITEIT VAN AMSTERDAM(オランダデザイン賞のページ。オランダ語)

ARL、ラーニングコモンズの企画のためのツールキットを公開

北米研究図書館協会(ARL)が、ラーニングコモンズ、インフォメーションコモンズなどと呼ばれる、大学学部生を主対象とした学習スペースを企画している研究図書館向けの、プレ・プログラミング・ツールキットを作成・公開しています。このツールキットは、ラーニングコモンズ建設のプロセス全体を概観するとともに、設計書・企画書等を作る前に必要とされる、各大学固有の環境・ニーズに適合した学習スペースのあり方を探るための評価(アセスメント)のテクニックについて、詳しく紹介しています。例えば、調査と意見募集、学生・教員によるアドバイザリ・グループの設置、学生を招いて打ち解けた雰囲気で意見を聞く「ランチタイム」の開催、といったプロセスごとに、その方法、質問の内容などが記されています。

ARL LEARNING SPACE
PRE-PROGRAMMING TOOL KIT
http://www.arl.org/bm~doc/planning-a-learning-space-tool-kit.pdf

Planning a Learning Space in a Research Library: ARL Releases Pre-Programming Tool Kit

お茶の水女子大学附属図書館のキャリアカフェ

お茶の水女子大学附属図書館が2007年12月に開設した「キャリアカフェ」の取り組みが毎日新聞で紹介されています。

現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)「科学的思考力と表現力で築く『私の履歴書』プロジェクト」の一環として、コーヒーを片手に「リラックスできる知的空間、学生が主体となった知的コミュニケーション空間」を目指しているとのことです。

また、お茶の水女子大学附属図書館は、2007年5月に、IT環境を整備した学生のための共同コミュニケーションスペース「ラーニング・コモンズ」も開設しています。

毎日新聞に附属図書館のキャリアカフェが取り上げられました - お茶の水大学附属図書館
http://www.lib.ocha.ac.jp/topics/2008/mainichi-shinbun_080418.html

キャンパる・なにコレ!?:お茶の水女子大「キャリアカフェ」 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/life/edu/news/20080418dde012070075000c.html

キャリアカフェ
http://sec.cf.ocha.ac.jp/cagp/cafe.html

キャリアカフェオープニングセレモニー開催報告

CA1603 - インフォメーション・コモンズからラーニング・コモンズへ:大学図書館におけるネット世代の学習支援 / 米澤誠

コモンズとは,「共有資源」,「公共の場」を意味する言葉であり,インフォメーション・コモンズ(1)は,デジタル時代の情報資源を利用するための共有資源・公共の場として誕生したものである。米国の大学図書館においてインフォメーション・コモンズが生まれたのは,1990年代であった。ウ…

ページ