利用者教育

豊田市中央図書館(愛知県)、「図書館を知りつくそう!外国人のためのバックヤードツアー」を実施:ベトナム語、中国語、ポルトガル語、英語の4コース

2021年1月5日、愛知県の豊田市中央図書館が、「図書館を知りつくそう!外国人のためのバックヤードツアー」を実施することを発表しました。

同県在住在勤の外国人とその家族を対象に、通訳ボランティアによる同時通訳付きで、館内の案内や貸出機器等の利用方法の説明が行われます。ツアー当日に、同館の利用カードを作成できます。

ベトナム語コース、中国語コース、ポルトガル語コース、英語コースの4つがあり、定員は各15人です。

各コースの開催スケジュールは以下の通りです。

・ベトナム語コース:2月6日
・中国語コース:2月20日
・ポルトガル語コース:2月27日
・英語コース:3月9日

学部生の成功に対する図書館利用教育の影響(文献紹介)

2021年1月に刊行された、米国の大学・研究図書館協会(ACRL)の“College and Research Libraries(C&RL)”のVol.82, no.1に、米・ノーステキサス大学のイーグル・コモンズ図書館(Eagle Commons Library)の図書館員Jennifer Rowe氏らによる共著論文“The Impact of Library Instruction on Undergraduate Student Success: A Four-Year Study”が掲載されました。

同大学図書館で行われた、英作文コース内の図書館利用に関する講習が、学生の成功にもたらした影響について、履修した英作文コースの単位取得状況、GPAにおける変化、履修の継続の観点から分析されています。分析対象は、2012年から2016年の間に、英作文コースを履修して講習に出席した学生3,530人(実験群)と、英作文コースを履修していたものの講習には出席していない学生6,617人(統制群)です。

広島県立図書館、県内の高等学校で電子図書館サービス「With Booksひろしま」の出張体験会を実施中

広島県立図書館が2020年12月3日から、県内の高等学校で電子図書館サービス「With Booksひろしま」の出張体験会を実施しています。

広島県立図書館は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けた、「うちで読もうよ」~ Stay Home! Read Books! ~プロジェクトの一環として、2020年7月から中学生・高校生を主な対象とした電子図書館サービス「With Booksひろしま」の提供を開始しました。

「With Booksひろしま」の出張体験会では、同館の職員によるログイン方法・本の選び方・本を読むときの操作方法の説明や、電子書籍の利用体験等が行われています。広島県立大柿高等学校で12月3日に行われた第1回体験会では同校の83人の生徒が、広島県立尾道東高等学校で12月11日に行われた第2回体験会では同校の図書委員を中心とした30人近くの生徒が参加しました。

ドイツ国立図書館(DNB)、図書館・図書館サービス等に関係する専門用語を英語・ドイツ語で解説した用語集を公開

2020年12月1日、ドイツ国立図書館(DNB)は、図書館・図書館サービス等に関係する専門用語をわかりやすく簡潔に説明した用語集として、“DNB Glossar”を同館ウェブサイト上で公開したことを発表しました。

同用語集は、“Germanica”(ドイツまたはドイツ語圏の人々を対象としたコンテンツを含む、ドイツ国外で出版された外国語メディアによる著作)や“Netzpublikation”(電子書籍・音楽ファイルなどインターネットのようなネットワーク上公開され物理媒体を持たないメディア出版物)など、図書館と関わりの深い用語を簡潔に解説した用語集です。用語集は英語・ドイツ語で作成されており、各項目には簡潔な定義や同義語のバリエーションが収録されています。また、項目の用語によりDNBのウェブサイト内を検索できるリンクも設けられています。

“DNB Glossar”はDNBのウェブサイト内で自由に利用可能であり、内容は随時更新される予定です。

小平市立図書館(東京都)、授業の課題や調査・研究に役立つ資料の探し方を学ぶ高校生・大学生が対象の講座「START UP! レポート作成支援講座」を開催

2020年11月28日、東京都の小平市立図書館が、ウェブ会議サービスZoomによるオンライン形式で、高校生・大学生を対象に「START UP! レポート作成支援講座」を開催します。

同講座は、授業の課題や調査・研究に役立つ資料の探し方を学ぶ目的で開催されます。図書館のウェブサイトを利用した蔵書検索方法や、インターネットで自分の欲しい情報を検索するこつ、レポート・論文等の作成に役立つ知識の紹介が行われます。

参加するためには、「東京共同電子申請・届出サービス」から事前に申し込みする必要があり、定員は先着順に20人です。

START UP! レポート作成支援講座の開催(小平市立図書館)
https://library.kodaira.ed.jp/eventT/?id=116

九州大学附属図書館、文献検索を約5分で学べるシリーズ動画を公開

2020年11月13日、九州大学附属図書館は、文献検索を約5分で学べるシリーズ動画全11本の公開を発表しています。

同館のWeb学習ガイドCute.Guides上のページ「図書館を使いこなそう!: 図書館を使いこなすためのショートムービー」に、各動画の説明と動画へのリンクがまとめられています。動画はYouTube上で公開されており、タイトルの一覧は次のとおりです。

1. 九大図書館の概要
2. 九大にある資料を探す:九大コレクション(本)
3. 九大にある資料を探す:九大コレクション(雑誌)
4. 九大にある資料を入手する
5. 学外から資料を利用する:リモートアクセス・ログインしたらできること
6. 国内大学の資料を探す:CiNii Books
7. 日本語論文を探す:CiNii Articles
8. 英語論文を探す:データベースの使い方
9. 情報を網羅的に検索する:世界の文献
10. LinQの使い方
11. 検索のテクニック

筑波大学附属図書館、留学生向けに図書館の使い方を1分間で説明した15本の動画シリーズ「1分チュートリアル」を公開

2020年11月9日、筑波大学附属図書館は、留学生向けに短くシンプルに要点をまとめた図書館の使い方等の動画として、「1分チュートリアル(One minute tutorials)」を公開したことを発表しました。

「本の探し方」、「貸出期間の延長方法」、「リモートアクセスサービスの使い方」などのテーマ別に、英語で作成された15本の動画をYouTubeで視聴することができます。

お知らせ(筑波大学附属図書館)
https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/lib/ja/information
※2020/11/09欄に「1分チュートリアル動画を公開しました」とあります

1分チュートリアル動画を公開しました(筑波大学附属図書館)
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/lib/ja/information/20201109

大阪大学附属図書館、『卒論・研究きちんとスタート!シリーズ』として2種類のe-learning教材を公開

2020年10月28日、大阪大学附属図書館は、論文検索や論文入手の基礎についてe-learningで学ぶことのできる2種類の自習用教材『卒論・研究きちんとスタート!シリーズ』を公開したことを発表しました。

シリーズ①の「学部4回生・大学院生のための日本語論文検索のキソ」は、人文社会科学系の学部4年生・大学院生を対象とした教材です。日本語論文検索データベースCiNii Articlesを事例とした研究テーマに関連する論文の情報を効果的に探す方法や、論文検索の必要性・データベースの使い分けを紹介する内容です。

シリーズ②の「学部4回生・大学院生のためのフルテキスト入手法」は、全分野の学部4年生以上の学生、大学院生、研究者を対象とした教材です。データベース検索結果や参考文献リストから、論文フルテキストを手に入れる効率的な方法や、同大学の環境での操作方法を紹介する内容です。

大阪大学附属図書館のウェブサイト上で、PDFファイル形式の教材のスライド、教材のスライドに基づく音声解説が収録されたmp4ファイル形式の動画、教材の事後課題などが提供されています。

京都大学図書館機構、「留学生学習サポート強化週間」の期間中に大学院生スタッフ「学習サポートデスク」による英語・中国語・韓国語・インドネシア語の講座を開催

2020年10月16日、京都大学図書館機構は、10月26日から11月13日までの期間を「留学生学習サポート強化週間」として、同大学附属図書館の大学院生スタッフ「学習サポートデスク(Learning Support Desk)」による留学生の学習サポートを強化することを発表しました。

「留学生学習サポート強化週間」の期間中、ウェブ会議サービスZoomを利用したオンライン形式で、英語による「電子リソースの利用方法」「文献の調べ方・集め方」「LaTeXの使い方」、中国語による「人文社会系の研究方法」「学術的な日本語の使い方」、韓国語による「実験レポートの書き方」、インドネシア語による「学術的な日本語の使い方」をテーマとした講座が、それぞれ「学習サポートデスク」のスタッフを講師として開催されます。京都大学図書館機構は、開催する各講座の録画を後日学内限定で公開する予定です。

【図書館機構オンライン講習会】留学生学習サポート強化週間のお知らせ(京都大学図書館機構,2020/10/16)
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1387437

【イベント】トキャラ × Library NAVI ワークショップ(10/28・オンライン)

2020年10月28日、株式会社ブレインテックが運営する図書館と図書館にかかわる人たちのサイト“Jcross”により「トキャラ × Library NAVI ワークショップ」がオンラインで開催されます。

同ワークショップは、Jcrossのスタッフやマスコットキャラクター「ウパっち」と一緒に、図書館利用者をナビゲートする、手のひらサイズのリーフレット“LibraryNAVI”を作成するものです。

対象は図書館キャラクターのいる図書館の職員であり、事前の申込が必要です。

トキャラ × Library NAVI ワークショップ(Jcross)
https://www.jcross.com/sogoten/2020/event/tocharanavi/

ページ