政府情報

E298 - GPOのデジタル化戦略とFDLPの危機

一方で,こうしたデジタル環境への急激な転身に対して警鐘を鳴らす動きもある。米国法律図書館協会(AALL)は1月26日,GPOが2006会計年予算案の中で連邦政府刊行物寄託図書館制度(FDLP)の縮小を企図しているとして緊急声明を発表した。それによると,GPOは10月からFDLPへの印刷体の配布物を50…

CA863 - 米国連邦政府電子情報への公共アクセスの動き / 富田美樹子

米国議会で,2つの法案(HR2772,S2813)に関する合同公聴会が開かれた('92. 7. 23)。これはGPO(政府印刷局)がGateway/WINDOと呼ばれるサービスを通して,連邦政府に存在する電子情報に対する公共アクセスを,電話回線やコンピュータ・ネットワークを通して,安価に簡便に提供しようというも…

E248 - 政府情報の機密化に関する報告書(米国)

また,9月14日には,政府改革委員会の委員を務める民主党のワックスマン(Henry A. Waxman)下院議員が,「開かれた政府」を目指す法や取り組みをブッシュ政権が履行しているかを検証する報告書を発表している。ここでも,市民や議会に対して政府情報へのアクセス制限が急増しているとして,…

E242 - 政府情報のオンライン提供に向け検討進む(米国)

また,ICGIの政府情報分類(Categorization of Government Information:CGI)ワーキンググループは,政府情報を入手するためのネットワークシステムの相互運用性を高めるため,情報検索の国際標準規格ISO23950(Z39.50)を採用するよう米国連邦政府に求める勧告案を作成した。この勧告案は,行政管理予算局…

E202 - 変革を迫られるGPO

一方で,これまでにもGAO等から見直しを迫られてきた(CA1474参照)GPOは,新しい事業計画案「最後の拠り所としてのコレクション(Collection of Last Resort)」をまとめ,GAOレポート公表に先立つ4月6日に発表している。同案では,政府刊行物を紙媒体と電子的媒体の両方で長期に保存するダーク・アー…

CA798 - 旧ソ連共産党秘密文書の公開 / 岩澤聡

英国の出版社Chadwyck-Healeyが明らかにしたところによれば,モスクワの旧ソ連共産党の文書庫に保管されている秘密文書のうち,十月革命の代表的指導者に関するファイルがこの秋公開されることになった。マイクロフィルムで公開される文書は,トロツキー,モロトフ,ジダーノフ等に関して党…

CA731 - 政府出版物に中性紙使用――米国で法制化―― / 富田美樹子

1990年10月12日,米国では永久保存の価値を有する連邦政府出版物に,中性紙(acid-free permanent papers)を使用すべきであるという法律が発効した(Public Law 101-423)。この法律には,出版物に中性紙使用を明記すべきであるという条項も含まれている。これに先立つ'90年4月には,米下院歳出委員会…

E025 - 電子政府法案 米国連邦議会を通過

この法案は,連邦政府のサービスや情報の提供に情報通信技術を活用することを目指したもので,その中には,米国議会図書館(LC)が他の関係諸機関と共同でオンライン国立図書館の設立を進める旨も盛り込まれている( CA1398 参照)。Ref: http://www.ala.org/alonline/news/2002/021125.htmlhttp://www.washingtonpost.com/wp

E005 - カナダ政府の電子情報に統制語を付与

ここで使用が推奨されている統制語彙集は「Government of Canada Core Subject Thesaurus」( http://en.thesaurus.gc.ca/these/thes_e.html )というシソーラスであるが,電子情報の主題が同シソーラスでカバーできないものである場合には,「カナダ件名標目表」等の使用も認められている。これらの統制語の導入活動は…

政府情報へのアクセスのイントロ(デンマーク)

デンマーク人権研究所が、政府情報へのアクセスについてのイントロダクションを公開しています。An Introduction to Openness and Access to Informationhttp://www.humanrights.dk/upload/application/a99e42a1/accesstoinformation.pdf

ページ